Entries

スポンサーサイト

冤罪を語る集会

100回目の記事という節目なのに亀記事です(苦笑)冤罪を語る集会の翌日から出張だったため、再審請求の場に立ち会えなかったのが残念だった。集会当日は天気もよくて順調に人が入り、400人収容のホールの80%ぐらいが埋まった。LMさんのブログによると300人を超える人だったとか。最初はiPhoneでWeb中継を企んでいたが、会場の下見で電波状態がよくないことがわかって断念。WiFi回線を使わないと、ちゃんとした中継は難しいようだ...

再審請求と冤罪を語る高知集会

告知高知白バイ事件の再審請求を前に、再審請求と冤罪を語る高知集会が以下の要領で開催される。日時10月17日(日)午後6時30分~午後9時場所高知商工会館4F光の間(400席)高知市本町1丁目6-24 (TEL: 088-875-1171)入場料無料パネリスト足利事件菅家 利和氏布川事件桜井 昌司氏・杉山 卓男氏志布志事件川畑 幸男氏高知白バイ事件片岡 晴彦コーディネータージャーナリスト大谷 昭宏氏詳細はこちら。当日の様子はUSTでネットで中...

無謀ともいえる高速度で走行する高知県警の白バイ2

今年2月にとりあえずYouTubeに上げた動画「無謀ともいえる高速度で走行する高知県警の白バイ」第一作目は予想外の反響を呼んで9月までに4万7千を超える閲覧があった。本命版動画前の動画は「練習のつもり」で作り、ろくに白バイが見えないから、大して反応は無いだろうと思っていたので意外な反響だった。ところが、ほとんど白バイが見えないために理解できないばかりか、作為を疑う意見もあり、ちょっと困ったもんだという感じも...

現場検証で見えてくる事実

以前撮影した事故現場の動画を編集してみました。そこから考えられる状況を考察してみます。●警察が言う事故形態が信じられない現場高知白バイ事件は「バスの運転手が横をよく確認せず、道路に飛び出して(と言っているようなもの)白バイをはねた」ということにされています。この結論が本当に正しいと思えるのか、この動画をよく見ていただきたい。何回も現場を通って撮影していますが、そのうち数回は赤信号になったことがあり...

冤罪を作る日本の司法制度

●久々の更新前回予告していた長期出張から帰りました。1か月以上更新しなかったので、自動的に広告が入るようになっていました。●最高裁、控訴を棄却─日本は一審制か?と、更新原稿を用意していたらニュースが....。またまた更新原稿がボツになりました。ある程度予測していましたが、控訴に当たらないという理由で控訴棄却には失望しました。最高裁ですらロクに審理もせずに「門前払い」というわけですから。控訴した理由は明白な...

証拠が写真であるというだけで必ずしも事実を写すとは限らない

監視委員長は撮影や印刷関係にも関わっているので、時代とともに写真技術の変化を見守ってきた人間です。つくづく思うのが、ここ15年ぐらいの間にパソコンで写真を修正することが一般的になったということです。昔は専門家がエアブラシなどの職人技を駆使しなければ写真は修正できませんでした。おもしろおかしく言えば、ヘア解禁前の時代は、こういうブラシ修正の専門家が引っ張りだこで、役得だし高収入だし、うらやましいと思っ...

不自然な衝突地点-2

白バイの衝突地点の写真を見て、疑問に思える点がいくつかあります。事故現場の写真で、白バイが倒れている写真があります。それを見ると、衝突で壊れた部品などが周囲に散乱しています。ところが、部品の散乱状況をよく見ると、おかしな点に気が付きます。●サイドボックス収納物の飛散状態まず、バイクの右側面あたりになにやら茶色っぽい物(1)が落ちています。写真を拡大して見るとどうやら分厚い本とファイルのような物です。...

不自然な衝突地点と車体姿勢

裁判所が認定した状況でどうしても納得できない点に、衝突地点というのがあります。被告側は右折車線の延長線上で衝突したと言い、検察は第2車線(右車線)上で衝突して右折車線まで白バイを引きずったと主張しています。●白バイはバンク状態で衝突 バスと白バイの破損状況を見ると、フロントフォークは右にねじれていますが、あまり後ろに突き込まれていません。フロントホイールも大きな変形もなくほぼ円形を保っています。これ...

白バイは衝突前に何をしていたか?

白バイとバスの衝突状況は、多くの人が首をかしげています。白バイは衝突前に何をしていたのでしょうか?●現場の見通し距離は100mバスが道路に出る位置での見通し状況は、バスの運転席から見て歩道側で約168m、中央分離帯側で約98.6mであったと判決で認定されています。バスの見通し距離は白バイの見通し距離も同じです。白バイは第2車線(右車線)を走行していたことから、見通し状況は約100mであったと考えられます。この100mを...

事故の争点まとめ

高知県警がブレーキ痕を捏造した疑惑がもたれている、高知県春野町で起きた白バイとスクールバスの死亡事故(06年3月3日)の要点をまとめてみます。●事故のあらましバスは国道を横断して右折するために駐車場から道路に出て、センターライン付近で左側からの車の通過を待っているとき、白バイが衝突してきたという。しかし、検察側の主張によると、 バスが第2レーン(右車線)まで進んだ所で白バイと衝突して、3メートルほど引きず...

Appendix

国民が司法を審判しよう

バナーS

プロフィール

監視委員長

Author:監視委員長
職業:元自動車メーカー社員で、バイクや自動車の取り扱いや技術に詳しいらしい
資格:自動車整備士資格があるらしい
趣味:写真を撮るのが得意らしい
特技:若い頃にバイクのレースに出てたらしい

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。