Entries

スポンサーサイト

高知県警にタイムマシンがあった?!

ついに高知県警のネガ捏造の証拠が出た。6本あるネガのうち1本が事故から3年以上も後の2009年6月17日に製造されたフィルムであるという驚くべき事が分かった。もちろんフィルムの製造日はメーカーで確認されており、書面で正式に弁護士会に回答されている。なぜ、2009年6月17日に作られたフィルムに2006年3月3日の画像が撮されているのか?過去に行かないかぎり撮影は不可能だが、高知県警にタイムマシンがあるのか?納得できるよ...

バス前面の傷もでっちあげ

重大事実の公表まであと一週間ほどかかるので、その前に1本記事を入れておこう。高解像度のデータで見ると、それまでもやもやしていた所がはっきり見え、それが明確な事実を物語っている事がいくつも明らかになっている。今回はその1つを紹介する。●横から当たってもバス前面に傷が付くバスの前面は平坦ではない。ほぼ真横からの写真を見ると、前へかなり湾曲しているのがわかる(上写真のA)。この形状から、白バイが真横から衝突...

6対32が示す警察の姿勢

ネガの偽造に関してなるべくわかりやすくするため、今回の記事は対談トークふうに趣向を変えてみた。LMさんとこの「鉄と政」シリーズのパクリじゃないですよ(笑)登場人物(監視委員長以外は架空人物):監視長:監視委員長(このブログの作者)元婦警:警察内部事情をネットに書き込んだ事を同僚にチクられて退職に追い込まれた元婦警。気が強くて元気いっぱい。工作員:バス側支援者を左翼と決めつけて攻撃するネット右翼。ただ...

現像職人が語った捏造疑惑

証拠写真の高解像度データーに「な、なんじゃぁ!これは」というものを見つけた。ノロノロ台風12号のおかげで2日間も瀬戸大橋を渡れず、やっと日曜に自宅に帰ったら問題のネガの高解像度データが届いていた。へろへろの体調でデータを見ていたら、30分も経たないうちに見つけたのだ。ただし、これは裁判の重要な資料になる可能性があり、慎重に検証を重ねる必要があるため当分公開できない(弁護士と打ち合わせ済み)のであしから...

四隅が暗い写真

少し前に、写真の捏造を巡る議論がありました。ネットで見られる写真を見た限り、いくつかの不審点があります。その点をまとめてみました。●証拠写真の不審なポイント証拠写真の疑問点は大きく分けて次のものがあります。・夜間に撮影したように妙に青っぽく写った写真(一部)・周辺光量が著しく低下した(四隅が暗い)写真(多数)・周辺部の歪みが大きいわりに画角が狭い写真(一部)今回は、妙に四隅が暗い写真に的を絞って比...

青転び証拠写真の謎

警察の証拠写真の見直しで新たな疑問点が出ましたのでアップします。片岡さんが収監されても高知県警の捏造疑惑の新ネタは止まりませんよ(笑)●夜間に撮影された写真?捏造疑惑の議論の中で「オタマジャクシ」状のスリップ痕が映った写真が夜間に撮影されたのではないか?と疑われていました。確かに、全体が青っぽくて月明かりで撮影されたように見えます。しかし、夜間撮影説はどうも無理がありそうです。満月の月明かりでも人...

Appendix

国民が司法を審判しよう

バナーS

プロフィール

監視委員長

Author:監視委員長
職業:元自動車メーカー社員で、バイクや自動車の取り扱いや技術に詳しいらしい
資格:自動車整備士資格があるらしい
趣味:写真を撮るのが得意らしい
特技:若い頃にバイクのレースに出てたらしい

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。