Entries

スポンサーサイト

裁判制度を審判しよう

この事件の被告であった片岡さんが収監されました。言いようのない怒りがこみ上げてきます。しかし、これで全てが終わったわけではありません。国民の心証では片岡さんはシロなのです。権力犯罪が明るみに出たら片岡さんの無実が証明されます。これからも真実を求め、監視と追及の手を緩めることはしません。●司法も批判されるべき組織県警の捏造工作がバレたら実行犯の警察官が裁かれるだけでなく、高知県警の上層部まで累が及ぶ...

異例ずくめの高知県警の対応(3)

どうやら高知県警は片岡さんからの公開質問状に答えられないようです。そりゃそうでしょう。白バイを巻き込んだからといって、後輪のスリップ痕が付かなくなったり、ABSが効かなくなったり、スリップ痕の先端だけ黒く濡れたりするはずがないのですからね。ところで、KSBさんの最近の放送(高知白バイ衝突死No.10)を見るまで知りませんでしたが、事故当日に県警の黒岩*1交通部長が現場に出かけていたようです。県警の部長ともあろ...

県警は公開質問状に答えられるか?

高知県警の黒岩交通部長が会見を開いて「(捏造は)絶対あり得ない」と捏造を否定したことに対して、片岡さんが公開質問状を県警本部交通部長に送付しているようです。9月29日付けで送付していますので、そろそろ回答してもよい時期です。詳細はこちらのLMさんのブログを参照してください。今のところ回答が来ていないようですが、県警は誠実に回答するのでしょうか?それとも黙殺するつもりでしょうか?県警の対応が注目されま...

異例ずくめの高知県警の対応(2)

県警の会見で黒岩交通部長の発言には首をかしげました。このときの高知新聞を読んでいなかったので、こちらのLMさんのブログで知ったのですが。黒岩交通部長は、支援者側が行った実機検証は「白バイを巻き込んでいないから状況が違う」と主張したようですね。しかし、これでバスが動いていたことになりますかね?本当に白バイを巻き込んでバスが動いたのか再検討してみました。●白バイを巻き込んでバスが前進した形跡がないまず、...

異例ずくめの高知県警の対応(1)

ずっと出張続きで1ヵ月前の亀レス記事になってしまいます。さて、出張に出かけている間2008年9月5日に、高知県警の黒岩安光交通部長が高知県警本部で会見を開き、「(捏造は)絶対あり得ない」と反論したようですね。●検察が勝訴したのに弁明会見ご承知のように、この事件については最高裁の職務を放棄した控訴棄却で検察の勝訴が確定しています。再審請求という手段はあるようですが、事実上再審への道は閉ざされていると言ってい...

Appendix

国民が司法を審判しよう

バナーS

プロフィール

監視委員長

Author:監視委員長
職業:元自動車メーカー社員で、バイクや自動車の取り扱いや技術に詳しいらしい
資格:自動車整備士資格があるらしい
趣味:写真を撮るのが得意らしい
特技:若い頃にバイクのレースに出てたらしい

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。