Entries

スポンサーサイト

破損箇所から衝突が分かる

この記事は、御用鑑定の比較一覧のNo.4「白バイの衝突姿勢」と関連事項の解説である。●えぐれ傷の高さよりサイドメンバーの高さが50mm低い直立状態で白バイの左メインフレームのえぐれ傷の高さは、シート座面とほぼ同じ高さである。一体どのくらいの高さになるのか。白バイ(ホンダBC-RC49型車)のベース車VFR(ホンダBC-RC46型車)のシート高が805mmである。この高さは諸元値と言われる数値で、型式認定書に記載される公式な数値...

破損箇所のかみ合わせで事実が分かる

この記事は、御用鑑定の比較一覧のNo.4「白バイの衝突姿勢」と関連事項の解説である。蔵出しシリーズも終盤に近づいた。細かなものを含めるとまだ公表すべきことが山ほどあるが、蔵出しシリーズでは重要な事項だけに絞ることにしている。●鮮明な画像で事故状況が明らかに以前は不鮮明な写真しかなく、どこがどう壊れているかさっぱり分からなかったが、精細な写真によって白バイの破損状況を詳しく調べることが可能になった。真実...

Appendix

国民が司法を審判しよう

バナーS

プロフィール

監視委員長

Author:監視委員長
職業:元自動車メーカー社員で、バイクや自動車の取り扱いや技術に詳しいらしい
資格:自動車整備士資格があるらしい
趣味:写真を撮るのが得意らしい
特技:若い頃にバイクのレースに出てたらしい

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。