Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/10-27752b01

-件のトラックバック

-件のコメント

[C18]

スリップ痕、あるいはタイヤ痕と言うものは、横滑りであろうが、急発進でできたものであろうが、摩擦熱で、タイヤゴムが路面にとけて焼きついたものと理解しています。

特に荒れた路面では凹の部分にまで焼きつくはずはないし。仮に焼きついたとしても1日位で消滅するはずは無いでしょう。

溶剤で洗い流すとゴムとアスファルトは似たような成分なんでアスファルトが溶けてしまい、その痕跡が残りますよね
  • 2008-02-24
  • 戦国武将
  • URL
  • 編集

[C22]

ご指摘のとおりです。本物のスリップ痕なら、しばらく残るはずです。また、アスファルトに溶剤が付いた場合もかなり長く跡が残ります。簡単に跡が消える方法を使ったのだと思います。
  • 2008-03-01
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

不審な点が多すぎる「スリップ痕」-2

いよいよ、スリップ痕の捏造疑惑のハイライトです。警察がバスが動いていた動かぬ証拠(笑)としてきたのがバスの「スリップ痕」です。ところが、証拠写真を詳しく分析すると、本物のスリップ痕なのか疑問に思わざるをえない点が浮かび上がってきました。本物のスリップ痕でないとしたら、その正体は何か?仮説に基づいて検証してみると、この痕跡の意外な正体が見えてきました。

●塗ったようなスリップ痕
道路の表面には細かな凹凸がありますが、この事故現場の路面はアスファルトに含まれる砕石の粒子が粗く、一般的なアスファルト舗装路面と比べると、ざらざらして凹凸が深い路面のようです。

このような凹凸がある路面上でタイヤがスリップすると、凸部を中心にタイヤラバーが付着して黒っぽく見えます。タイヤはゴムですので、凸部を包み込んで凸部の少し下までタイヤのゴムが付着します。しかし、凹部の底まで黒くなることはありません。

凹凸が深い路面

ところが、証拠写真のスリップ痕の部分を拡大してみると、凹凸が深い路面にもかかわらず、凹部の底まで一様に黒っぽくなっているのです。これはどう見ても、タイヤが付けたブラックマークではなくて路面に何かの液体を塗った跡にしか見えないのです

塗ったスリップ痕

こんな「ざっとした(土佐弁で「雑な」という意味)」ものを、よくもスリップ痕だと言えるものです。警察は、バスが動いていた証拠にするつもりが、逆に証拠捏造の疑いをかけられるネタを提供することになって、かえって墓穴を掘ったのではないでしょうか?さらに、それを十分な精査もせずにスリップ痕だと認める方も認める方です。

●不可解なスリップ痕の黒点
この事件のスリップ痕で特に怪しいのは、証拠写真のうち2枚だけがスリップ痕の先端部(タイヤが止まっていた部分)だけが黒く写っている点です。写真の写り方でこうも極端に黒くなることはありえません。また、タイヤの接地部分だけが若干濃くなることがあっても、普通はこのように極端な濃淡になることはありません。裁判において、実況見分を行ったベテラン警察官も「このような『オタマジャクシ』状のスリップ痕は見たことがない」と裁判で証言したそうです。

スリップ痕の黒点

しかも、黒い部分を拡大すると「スリップ痕」の本体部分のセンターと微妙にずれています。また、両端部が妙に不揃いになっています。部分的に濃くなる場合は、スリップ痕の真ん中に付くはずです。もしかしたら、キャンバー(車輪の傾斜角度)を意識してわざわざ内側に寄せて描いたのでしょうか?キャンバーがあっても、スリップ痕はほぼ同じ条件で付きますから、黒い部分がタイヤ痕だとしたら内側に寄ることはないはずです。

●理科が苦手なゆとり世代の裁判官?
高知地裁の片多裁判長は、黒点について「~事故後に現場に流出するなどした後に、被告人運転車両が撤去され、乾燥前の湿潤面が表れたなどとみるのがむしろ自然であり~」と、これまたナンセンスな理屈を付けて警察にスルーパスを出しています。現場写真を見れば一目瞭然ですが、白バイから漏れた液体は、事故現場の路面傾斜によって道路の中央側へ、バスから遠ざかる方へ流出しているのです。高い位置にあるバスのタイヤまで「逆流」することはありえないことぐらい小学生でも分かることです。

液体の流出方向

さすがに高松高裁では、地裁のナンセンスな理屈は考えられないとしました。しかし、どうして部分的に黒くなる現象が起きたか、柴田秀樹裁判長は「判決に影響しない」として何も掘り下げることなく判決を出しています。証拠写真を撮った警察自体が「オタマジャクシ」状のスリップ痕が何かを明確に説明できていないのです。この裁判長も思考力・洞察力を疑わずにいられません。
関連記事
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/10-27752b01

0件のトラックバック

2件のコメント

[C18]

スリップ痕、あるいはタイヤ痕と言うものは、横滑りであろうが、急発進でできたものであろうが、摩擦熱で、タイヤゴムが路面にとけて焼きついたものと理解しています。

特に荒れた路面では凹の部分にまで焼きつくはずはないし。仮に焼きついたとしても1日位で消滅するはずは無いでしょう。

溶剤で洗い流すとゴムとアスファルトは似たような成分なんでアスファルトが溶けてしまい、その痕跡が残りますよね
  • 2008-02-24
  • 戦国武将
  • URL
  • 編集

[C22]

ご指摘のとおりです。本物のスリップ痕なら、しばらく残るはずです。また、アスファルトに溶剤が付いた場合もかなり長く跡が残ります。簡単に跡が消える方法を使ったのだと思います。
  • 2008-03-01
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

国民が司法を審判しよう

バナーS

プロフィール

監視委員長

Author:監視委員長
職業:元自動車メーカー社員で、バイクや自動車の取り扱いや技術に詳しいらしい
資格:自動車整備士資格があるらしい
趣味:写真を撮るのが得意らしい
特技:若い頃にバイクのレースに出てたらしい

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。