Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/104-756e6f0b

-件のトラックバック

[T399] 「冤罪事件の再発防ぎたい」 息子失った母、東京都を提訴 - ニコニコニュース

「冤罪事件の再発防ぎたい」 息子失った母、東京都を提訴NCN 4月26日(火)21時57分配信  JR新宿駅で痴漢の容疑をかけられた都内大学職員の男性が、新宿警察署による取調べ後に地下鉄のホームから転落死した事件で、男性の母親が2011年4月26日、「息子は違法な取り

[T400] 「冤罪事件の再発防ぎたい」 息子失った母、東京都を提訴 - ニコニコニュース

「冤罪事件の再発防ぎたい」 息子失った母、東京都を提訴NCN 4月26日(火)21時57分配信  JR新宿駅で痴漢の容疑をかけられた都内大学職員の男性が、新宿警察署による取調べ後に地下鉄のホームから転落死した事件で、男性の母親が2011年4月26日、「息子は違法な取り

-件のコメント

[C694]

議決全文のリンク先がエラー表示されていますので、とりあえず 私のブログにある全文コピーを掲載します。

http://littlemonky737.blog90.fc2.com/blog-entry-87.html



[C695] リンク先のエラー

ご指摘ありがとうございます。
リンク先エラーを訂正しました。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

高知地検の意見書(1)

高知白バイ事件の再審請求に対する高知地検の意見書(11年3月31日付)が支援する会HPに公開された。
高知白バイ事件資料室

地検の意見書を読んでみたが、予想された内容が繰り返されている。判決文に書かれたことを繰り返すような内容がほとんどであり「判決が確定しているだろ。いまさら何を言ってんだ」という姿勢で貫かれている。事件の加害者とされる片岡さんが冤罪を訴えて再審を請求しているのだが、高知地検の態度は冤罪の訴えても聞く耳を一切持たずに足げにするような態度だといえる。

●脱帽ものの印象操作術
地検の反論内容を一言で言うと「安易なコピペ」。コピペとはパソコン操作で言う「コピー&ペースト」を短縮した言葉。すなわち、どこかにあった内容をコピーしてきて貼り付けたような安易な内容という意味である。また、高校物理を習ってないのですか?と言いたい部分さえある。

しかし、地検の反論がデタラメであっても、根拠のない憶測であっても、屁理屈であっても、いかにも相手の主張が事実無根であるかのように思わせる技術には脱帽もので見事としか言いようがない。事実を見抜く洞察力はさておき、検察官のディベート力と曲解力だけは民間人の追従を許さないものがある

●真剣に検討した形跡がない反論書
地検の反論を読んで気になるのが、真剣に訴えを検討したことを伺わせる内容がない事だ。技術的・物理的考察の底が浅く、専門家のアドバイスを受けた形跡が見られない。物理的に説明がつかない都合の悪い部分は、さらりと反論を避けて底の浅い一般論を振り回している。そのくせ、再審請求書に書かれている一般論を叩いていたりしているようだ(笑)

地検の反論は、判決文の繰り返しばかりで何も新味がなかった訳ではない。新説というより借り物の珍説奇説といえる内容だが新味といえば新味。業界雑誌に書かかれていた御用鑑定士の奇説を引っ張り出しているし、あのネット上の珍説「横滑り」まで持ち出してきた。もしかしたら珍味かもしれない。あまりの節操のなさに思わず失笑してしまう。

検察官はもう少し真剣に仕事する職業と誤解していたようだ。検察側が業界雑誌の記事を引っ張り出すなら、週刊ポストの記事でも引き合いに出せばいい。まあ、そこまでレベルの低い事をする訳にはいかないのだろうが(笑)

●身内を贔屓するため真実の追求を放棄した検察
地検の反論は、警察の証拠は一点の曇りもなく100%事実であり、実際にバスを走行させて検証する必要はないというのが要旨である。つまり、証拠が示す状態が論理的に不整合であっても、そこで立ち止まって事実を追求すべく検討した形跡はない。

検察側は「県警無罪」という目標を設定し、それを実現すべく適当なゴタクを並べているのである。検察に期待されるのは事実を検証しながら積み上げて結論を導き出す手法である。いまの検察のやりクチでは、冤罪を作り出す危うさがあるだけでなく、真実を追求する姿勢が全くないのが問題なのだ。

その実例が郵政不正でっち上げ事件であり、大阪地検特捜部の元検事である前田被告(もう受刑者か?)のように、一歩間違えれば検察官の犯罪になりかねない危うさを含む。まあ、検察も「鉄のカーテン」の組織だから内部で不正事実があっても隠蔽できるため、前田元検事のように手口が発覚しない場合がほとんどだ。これが逆に次々と冤罪を生み出す温床になっているのではないか。

冤罪を訴えた事件の再審請求事件に、冤罪を作り出しかねないやりクチで応えるとは検察は本当にどうかしている。いいかげんに国民が期待する検察に改革してもらわないと困るのだが、理想にはほど遠い現状がよくわかる。

●無責任な検察・警察を補佐する「御用○○」の存在
検察が無実の人を有罪にして刑務所に送り込んでも一切反省しないことに対しても批判されてきた。足利事件で無実の菅家さんを刑務所に送って真犯人を逃がした森川大司元検事は責任を取っていないし、冤罪被害者の菅家さんに対して謝罪すらしていない。足利事件、富山痴漢冤罪事件、鹿児島志布志事件全て同様である。

様々な事件で、多くの場合検事の目標を達成するために補佐するキーマンが存在する。彼らは検察・警察の身内ではないため、一見するとリッパな肩書きを持った第三者的な印象を与えるが、どうしてどうして、この連中は権力組織に都合がよい結論を提供する印象操作要員で、連中の肩書きの前に「御用○○」という接頭句を付けるとよくなじむ。

足利事件では冤罪検事森川大司の「目標結論」を補佐したキーマンが存在していた。被告に対して「代償性小児性愛者である」と事実無根の鑑定した自称「犯罪精神医学者」の福島章である。冤罪検事森川大司は、この御用精神医学者、福島章によるでっち上げ鑑定を利用し、無実の菅家さんを17年間も刑務所に送ったが森川大司や福島章らは謝罪すらしていない。

「御用○○」は検察の都合のいいように鑑定して採用されたらネームバリューが上がるし、間違っても責任は追及されないし、立場は安泰だからこんなにオイシイ話はない。今回の事件においても御用鑑定士の影がチラホラ見えているのだが(笑)、再審が実現すればこの御用鑑定士が登場するのは確実だろう。

●ネガを提出するというが
検察側の主戦場は屁理屈をならべる机上論であり、現場現実を知られると都合が悪いらしい。検察側は必死で検証試験を拒んでいる。その一方で「ネガ、未提出の証拠の提出は『しかるべき』」と書かれているのには「オ~!」とどよめいてもいいだろう。証拠偽造に関する不起訴処分について、高知検察審査会が不起訴処分不当の議決(09年1月29日)を出したことに対する配慮からだろうか?
高知検察審査会 「議決文」全文l

「しかるべき」という日本語は「適当な。ふさわしい。」という意味が一般的だが、法律界用語では「当然そうする」のような意味に使われるらしい。どうも法律業界の用語はよくわかからん(苦笑)

ネガを出すにしても、専門家による分析が必要になるが、持ち出しができるのだろうか。ネガは見ていいが持ち出し禁止ならネガ提示の意味がなくなる。ネガそのものを詳細に分析したり、プリントして検証するなどをしなければ結論を出すことは難しい。検察側はネガの内容そのものに自信があるのか、それとも工作を完璧に済ました自信からなのか?いずれにせよ、オリジナルがなければネガフィルム単独で、ねつ造の立証は困難を極めると思われる。そこをどうするのか、詳しい情報が出てくるのを期待したい。

次回は検察反論書の中身に突っ込んで分析してみる。
関連記事
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/104-756e6f0b

2件のトラックバック

[T399] 「冤罪事件の再発防ぎたい」 息子失った母、東京都を提訴 - ニコニコニュース

「冤罪事件の再発防ぎたい」 息子失った母、東京都を提訴NCN 4月26日(火)21時57分配信  JR新宿駅で痴漢の容疑をかけられた都内大学職員の男性が、新宿警察署による取調べ後に地下鉄のホームから転落死した事件で、男性の母親が2011年4月26日、「息子は違法な取り

[T400] 「冤罪事件の再発防ぎたい」 息子失った母、東京都を提訴 - ニコニコニュース

「冤罪事件の再発防ぎたい」 息子失った母、東京都を提訴NCN 4月26日(火)21時57分配信  JR新宿駅で痴漢の容疑をかけられた都内大学職員の男性が、新宿警察署による取調べ後に地下鉄のホームから転落死した事件で、男性の母親が2011年4月26日、「息子は違法な取り

2件のコメント

[C694]

議決全文のリンク先がエラー表示されていますので、とりあえず 私のブログにある全文コピーを掲載します。

http://littlemonky737.blog90.fc2.com/blog-entry-87.html



[C695] リンク先のエラー

ご指摘ありがとうございます。
リンク先エラーを訂正しました。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

国民が司法を審判しよう

バナーS

プロフィール

監視委員長

Author:監視委員長
職業:元自動車メーカー社員で、バイクや自動車の取り扱いや技術に詳しいらしい
資格:自動車整備士資格があるらしい
趣味:写真を撮るのが得意らしい
特技:若い頃にバイクのレースに出てたらしい

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。