Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/107-80239651

-件のトラックバック

[T404] 元検事が語る「疑わしきは被告人の利益に」とは。

元検事が語る「疑わしきは被告人の利益に」とは。  あくまで私の意見と断りを入れておきますが、裁判員に選ばれた方々に「疑わしきは被告人の利益に」について説明してみます。  このフレーズをいく...

-件のコメント

[C700] 歪の原因が複写だったのか。

こんばんわ。

いろんな写真で物の大きさが変わったり、形がゆがんでましたが、そういう事もあるのですね。
  • 2011-09-19
  • 鉄馬
  • URL
  • 編集

[C701]

はじめまして。
リトルモンキーさんのブログコメント欄URLから飛んできました。

下の画像の詳細な描写に驚きます。

最近はデジカメオンリーで、銀塩カメラはすでに止めてしまいましたが、以前使っていたコンパクトカメラを思い出します。
その中の一台は28ミリ広角系短焦点レンズのリコーのGR-1sという機種でしたが、周辺部の光量低下はけっこうありました。
もっぱら、フジカラーのリアラエースとかいうネガフィルムを愛用していました。
そのときのネガや写真をフォトCD化してしまったのですが、実家にネガが残っているかもしれないので、機会があったら見てみたいと思います。

異様な写真ではなくカメラの特性だと証明を求めるボールを検察側に投げて、どんな反応が出るのか興味深いですね。
是非、投げてほしいと思います。

[C702] トリミング写真

上の写真は公判で出てきたもの

弁護士「スリップ痕が一本しかないが」
副検事「プリントの際・・・のごにょごにょ・・・」(聞き取れなかった)
裁判官「つまり、トリミングの関係で右側のスリップ痕が写ってないのですね?」
副検事「そうです」
弁護士「それでは 2本のブレーキ痕が写っているのを提出してください」

として 出てきたのがしたの写真

http://blogs.yahoo.co.jp/jbh024470000/MYBLOG/yblog.html

※また、トリミングした写真だしたの?
裁判官も副検事も認めているトリミングでは元ネガ写真じゃない。
本物のネガ写真じゃない。
としたらアウトだ。

よほど右側を見せたくないのか。

[C703] 鑑識が未監修

>>700 鉄馬様
望遠側より広角側で歪みが出やすくなります。普通は目立たない程度に補正されていますが、撮影の仕方で目立ってしまうのですね。鑑識が監修していなかったのではないかと言われています。

[C704] ケラレの出方が問題

>>701 aqua様
初めまして。
>下の画像の詳細な描写に驚きます。
立ち位置から広角レンズで撮影して路面の砕石粒が見えます。下の画像は、わざと「きわどい所」を選んで挑発しております(意味不明)。

リコーのGR-1というとなかなかマニアックなカメラでしたね。私が持っている古いキャノネットなんかも盛大にケラレが出ます。古いカメラや安いカメラはそういう傾向があるものです。ただし、四隅にケラレが出るのはレンズの特性ですが、それが一様でないのとその程度が疑問なのです。また、一眼レフで撮影したと見られる写真にも若干その傾向が見られます。

こちらの見方が勘違いかどうか、実際に使われたカメラとレンズで検証してみる必要があります。相手の出方に注目ですね。

[C705] 白バイを見せると都合が悪い

>>702 jbh様
いわく付きの写真を出してきて挑発しております(意味明瞭)。

>よほど右側を見せたくないのか
撮影したとされるカット全体を見渡すと、証拠を保全する対象の選択が非常にアンバランスな印象です。事故現場以外で破損箇所を撮影した写真は、バスがなんと32カットも撮影しているのに対して白バイは6枚のみです。特に白バイの右側面がはっきり見える写真がなく、斜めから見えるカットが1枚あるのみです。バスの破損箇所なんて5~6枚あれば用は足りると思えるのに、この差はなんだと異様な感じを受けます。

警察側に「引き摺られたとする白バイの右側面は見せたくない、スクールバスが悪い」という心理がカット数の差となって現れていますね。

ネガの複製が明らかになった場合ですが、撮影したものの都合の悪いカットが除外され、他の現場の写真に差し替えられていたという可能性もあるわけです。

[C706] 元ネガから取った写真か

広角系のレンズで撮ったものが表記のゆがんだ写真ですか。これはフィルムネガと一緒でしょうか。
裁判ではトリミングと認めており、それが元ネガだったら、おかしいんじゃないですか。


http://blogs.yahoo.co.jp/jbh024470000/37271177.html

[C707] 周辺がカットされた写真でも異常

>>706 jbh様
鋭いご指摘です。

掲載した写真はスキャンされた高解像度データの解像度を落としたものです。ネガのコマにはもう少し広い範囲(右ブレーキ痕を含む)が写っています。

プリントやスキャンで仕上がる写真は、必ずネガに写っている範囲より少し狭くなります。面積比でネガの80%ぐらいが有効プリント面積と言われているようです。ネガの周辺部は光学的に暗く歪みが生じる傾向が避けられないためにカットされる訳で、それが意図的なものとは言い切れないのです。

しかし、ネガの周辺部を切り捨てた有効プリント部で見ても、なおかつあれだけ周辺部が暗く歪んでいることが異常と言えます。

[C708] 元ネガの写真は提出すべきでないか

これは証拠写真やネガが真実か捏造かを問われている局面です。

右側が歪んでいて見ても分からなくても、提出することによって意図的か、そうでないかは、裁判所、弁護側が判断すべきであって不自然です。

また、歪みを修復して自然画面にする技術者もいるかもしれません。

今の映画はシネマスコーブが、ほとんどで最初、私が映画を見た時は長いフィルムで撮ったのかと思いましたが、そうではなく35mmフィルム(普通のフィルム)を横を長く写せる特殊レンズで撮影し(したがってフィルムの映像は横が圧縮された映像になる)
映画上映では、圧縮されたフィルムは横長になる特殊レンズにより横長となって自然の映像となりスクリーンに映しだされ、いかにも横長のワイドスクリーンとして見えると記憶はています。

[C709] 2件以外は....

>>708 jbh様
はい。当然ながら、有効プリント外の部分といって検証から除外するものではありません。

ねつ造が証明できるならどこでも取り上げます。複写撮影もオリジナルより狭くなりますので撮影範囲の矛盾を探したのですが、今のところは見つかっていません。何が偽造痕で何が自然な現象か判断が難しいところがあります。カメラとレンズの特定ができれば、もう少しはっきりすると思いますが協力してもらえるかどうか。

>歪みを修復して自然画面にする技術者もいるかもしれません。
デジカメ用ですが、レンズごとに歪みと周辺光量不足を補正するソフトウェアが存在しています。鑑識カメラがデジカメになると、偽造・捏造がやりたい放題になるかのではと心配になります。

[C748] Re: タイトルなし

> あほらしい!!
という透明コメントをいただいた名無し委員様
見る人が見れば複写写真と分かるでっち上げ証拠を出すなんて実にあほらしいですよね~。

素人でも分かるでっち上げらしい証拠もありますよ。ですが、あまりにわかりやす過ぎて「まさか」という盲点でもあります。検察や裁判所がよくも証拠として受け取ったものだと呆れるようなシロモノです。この証拠は専門家が鑑定するらしいので今は公にできません。事実が明らかになれば誰もが「あほじゃない?」と思うでしょうね。

ヒント:年賀状の季節に悩んだ現象。10年ぐらい前はよくあったけど今はほとんどない現象。
  • 2011-12-04
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

現像職人が語った捏造疑惑

証拠写真の高解像度データーに「な、なんじゃぁ!これは」というものを見つけた。ノロノロ台風12号のおかげで2日間も瀬戸大橋を渡れず、やっと日曜に自宅に帰ったら問題のネガの高解像度データが届いていた。へろへろの体調でデータを見ていたら、30分も経たないうちに見つけたのだ。ただし、これは裁判の重要な資料になる可能性があり、慎重に検証を重ねる必要があるため当分公開できない(弁護士と打ち合わせ済み)のであしからず。事件の核心に迫ってくるほど軽々に公開できなくなるものである。しかし、時期が来たら公表する予定だ。

●ネガ検証の流れ
高解像度スキャニングは証拠を作る行為だから、9月2日に裁判所の書記官立ち会いのもと某メーカー系のラボで行われた(詳細は下記リンク先を参照)。つまり誰も改ざんできない条件で慎重にスキャンされている。また、地検と地裁も同じデータを持っているのでスキャンデータの改ざんはできない。そんなことをしたら、それこそ証拠改ざん+公文書偽造という犯罪になる。それじゃまるで誰かさんの行為であり、ミイラ取りがミイラになっては困る(笑)
検証とネガ その6

9月2日にスキャンされた原本となるネガは、7月4日に高知地裁でネガの確認会が行われている。このときにネガフィルムの複写撮影と簡易スキャンを行いネガ情報を保全している。
7月4日 ネガの確認後の話

このように実施した検証の経過が後に非常に重要になるはずである。

それにしても4300×2800ピクセル(1200万画素)を越える高解像度スキャンデータは圧巻である。業務用スキャナーを使ったと思われるが、銀塩粒子の限界付近まで細部が見える。当初裁判所が提示した200万画素程度のスキャンデータでは発見ができなかったであろうものまで見えてきた。「な、なんじゃぁ!これは」は、交渉によって高解像度データでスキャンするという妥協を引き出した成果である。

高解像度の写真を入手するとどうしても細かい所に目がいく。しかし、プリントした写真も同様だが、ネガフィルムをスキャンすると枠の中の一部だけを切り取った窓から覗くようなものである。ネガのコマに写されている撮影範囲、コマ送りの間隔、フレーム枠形状などフィルム全体が検証の対象である。ただし、メーカー系の現場でスキャンした高解像度データの方が、コントラストが妙に強いが色再現の基準になりそうである。

negaimage

ネガ写真全体の傾向を見ることが重要なのである。全体を見るポイントは撮影順序と全体の調子であるが、複数のカメラで撮影しているので撮影順序の特定に時間がかかりそうだ。細部を探し回るのは大変であり時間もかかる。初回はあえて引いてみることにする。まあ、軽いジャブのようなもの。

●全体を見た写真の調子
全体の調子については、前から指摘しているように周辺部の黒ずみ(光量低下)と歪み、青かぶりが目立つ。ネガでその傾向がはっきり出ており、プリント時の影響ではないことが判明した。
青転び証拠写真の謎

以前から周辺光量低下や歪み、青っぽく見えるなどの異様な写真は、複写撮影の技術が下手なためだと疑っていた。ネガを検証すればするほど複写撮影すなわちネガフィルム捏造の痕跡が明らかになってきた。それは、デジカメ複写だけではなく銀塩写真で複写したと思われる痕跡がわかったからだ。以前はデジカメ複写だけを疑っていたので「青転び」という言葉を使ったが、今後は「青かぶり」という言葉に変更する。

高解像度データや他の痕跡から、どのような作業で捏造したかが分かってくる。PCで何かを偽造するためにデジカメ複写(もしくはフィルムスキャン)は使用し、偽造した出力物をネガフィルムに写し込む作業は銀塩カメラでの複写撮影である。つまり写真の捏造行程は最低でも2回の複写が行われる。いずれも光学的な複写だから当然画質は微妙に劣化または変化するわけである。

●あれは複写ですね
デジカメの普及によって銀塩写真に関するノウハウは貴重になりつつある。監視委員長も、業務用の写真現像は個人のプロに頼み、個人的な写真はラボに持ち込んでいたので現像の経験は持ち合わせていない。ところが、現像のプロフェッショナルな知識を持つ頼もしい方が味方に付いてくれた。その方はラボで40年間も写真現像を行っていた東京在住の方である。その方と2011年9月17日に石川鑑定士、ブログ「高知に未来はあるのか?」でおなじみのkochiudonさんと一緒にお会いした。

現像歴40年以上の職人に聞きたかったところは、ズバリ偽造の可能性についてだが、写真を見て「あれは複写写真ですね」とキッパリと言った。肌の色を見ればわかりやすいが、部分的に白く飛んでいるなど明暗を表す階調幅が減少して「硬い」感じになっていることから見分けが付くらしい。「硬い」感じというのは「コントラストが強くなる」という意味だ。

さらに、プリントした写真を複写撮影するとき、撮影技術がヘタクソだとああいう写真に仕上がるという。たとえば、周辺部の光量低下(下図B)は、複写撮影時の光量が不足していたためと考えられる。普通なら暗いときにフラッシュを焚いたときに出やすいが、太陽光が充分に当たっている条件でも周辺部が暗くなっているのは明らかにおかしいという。

hizumi

さらに、広角系のレンズを使用して近寄って複写撮影すると、下図(A)のように周辺部の歪みが強調されるという。プロなら歪みを抑えるために100 mm程度の焦点距離を持つ中望遠マクロレンズを使うだろうが、偽造犯は深く考えずに焦点距離が50 mm以下のレンズを使ったのではないか。また、全体的な画角から判断して焦点距離35 mmぐらいの広角レンズを常用しているように見えるとも言っていた。まさか35 mmレンズでそのまま接写したのではないだろうね(笑) いや本気でそう思えるほどの歪み具合なのである。

●青かぶりの正体は色温度変換フィルター
現像職人は、その豊富な経験から青かぶりの正体についても見抜き「これは青いフィルターを使っています」と断言した。その根拠は「陰の部分に青みがかっている」と指摘した。細かく見てみると、確かに微妙に陰になる部分が青みがかっている写真がある。下図(A)はスケールの白地部分に現れた「青い影」。下の例は空が映り込んだ青ではない。白い部分以外でも影の境界になる部分にわずかに青が現れている写真があるのだ。

青い影

最初は、デジカメで複写撮影したときのヘマでホワイトバランスを間違ったと考えていた。しかし、銀塩カメラで複写撮影するときも光源の色温度を補正する必要があり、そのために色温度変換フィルターを使うらしい。
色温度変換フィルターの例

複写撮影は室内で撮影されるため、太陽光とは色温度が異なる光源のもとで撮影されることになる。デイライトフィルム(日光用フィルム)を使って色温度が低い光源で撮影すると写真が赤っぽくなるため、青フィルターをかけて標準の色温度(5500K;ケルビン)に補正しようとする訳だ。色温度変換がうまくいっている写真と、ずれている写真が混在しているようである。もちろん通常の撮影には色温度変換フィルターを使う訳がないので、青フィルターを使っていることが複写撮影の証明になるだろう。

●カメラの検証が必要
撮影に使用したカメラの1台はコンパクトカメラのようであるが、それにしても光量低下と周辺部の歪み具合は異様である。いくら安物カメラでもここまで性能が悪いとは思えない。現場で撮影した全カメラとレンズの提出を求めることはできないだろうか?そのカメラで実際にテスト撮影すれば、カメラの特性が分かるはずだ。周辺部の光量低下や歪みがそのカメラの特性だと分かれば異様に見えたのが思い過ごしと分かる。それができなければ、周辺部の光量低下や歪みは複写撮影した証拠と見なすことになる。

異様な写真ではなくカメラの特性だと証明を求めるボールを検察側に投げれば、県警・検察・裁判所はどう出るだろうか?

関連記事
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/107-80239651

1件のトラックバック

[T404] 元検事が語る「疑わしきは被告人の利益に」とは。

元検事が語る「疑わしきは被告人の利益に」とは。  あくまで私の意見と断りを入れておきますが、裁判員に選ばれた方々に「疑わしきは被告人の利益に」について説明してみます。  このフレーズをいく...

11件のコメント

[C700] 歪の原因が複写だったのか。

こんばんわ。

いろんな写真で物の大きさが変わったり、形がゆがんでましたが、そういう事もあるのですね。
  • 2011-09-19
  • 鉄馬
  • URL
  • 編集

[C701]

はじめまして。
リトルモンキーさんのブログコメント欄URLから飛んできました。

下の画像の詳細な描写に驚きます。

最近はデジカメオンリーで、銀塩カメラはすでに止めてしまいましたが、以前使っていたコンパクトカメラを思い出します。
その中の一台は28ミリ広角系短焦点レンズのリコーのGR-1sという機種でしたが、周辺部の光量低下はけっこうありました。
もっぱら、フジカラーのリアラエースとかいうネガフィルムを愛用していました。
そのときのネガや写真をフォトCD化してしまったのですが、実家にネガが残っているかもしれないので、機会があったら見てみたいと思います。

異様な写真ではなくカメラの特性だと証明を求めるボールを検察側に投げて、どんな反応が出るのか興味深いですね。
是非、投げてほしいと思います。

[C702] トリミング写真

上の写真は公判で出てきたもの

弁護士「スリップ痕が一本しかないが」
副検事「プリントの際・・・のごにょごにょ・・・」(聞き取れなかった)
裁判官「つまり、トリミングの関係で右側のスリップ痕が写ってないのですね?」
副検事「そうです」
弁護士「それでは 2本のブレーキ痕が写っているのを提出してください」

として 出てきたのがしたの写真

http://blogs.yahoo.co.jp/jbh024470000/MYBLOG/yblog.html

※また、トリミングした写真だしたの?
裁判官も副検事も認めているトリミングでは元ネガ写真じゃない。
本物のネガ写真じゃない。
としたらアウトだ。

よほど右側を見せたくないのか。

[C703] 鑑識が未監修

>>700 鉄馬様
望遠側より広角側で歪みが出やすくなります。普通は目立たない程度に補正されていますが、撮影の仕方で目立ってしまうのですね。鑑識が監修していなかったのではないかと言われています。

[C704] ケラレの出方が問題

>>701 aqua様
初めまして。
>下の画像の詳細な描写に驚きます。
立ち位置から広角レンズで撮影して路面の砕石粒が見えます。下の画像は、わざと「きわどい所」を選んで挑発しております(意味不明)。

リコーのGR-1というとなかなかマニアックなカメラでしたね。私が持っている古いキャノネットなんかも盛大にケラレが出ます。古いカメラや安いカメラはそういう傾向があるものです。ただし、四隅にケラレが出るのはレンズの特性ですが、それが一様でないのとその程度が疑問なのです。また、一眼レフで撮影したと見られる写真にも若干その傾向が見られます。

こちらの見方が勘違いかどうか、実際に使われたカメラとレンズで検証してみる必要があります。相手の出方に注目ですね。

[C705] 白バイを見せると都合が悪い

>>702 jbh様
いわく付きの写真を出してきて挑発しております(意味明瞭)。

>よほど右側を見せたくないのか
撮影したとされるカット全体を見渡すと、証拠を保全する対象の選択が非常にアンバランスな印象です。事故現場以外で破損箇所を撮影した写真は、バスがなんと32カットも撮影しているのに対して白バイは6枚のみです。特に白バイの右側面がはっきり見える写真がなく、斜めから見えるカットが1枚あるのみです。バスの破損箇所なんて5~6枚あれば用は足りると思えるのに、この差はなんだと異様な感じを受けます。

警察側に「引き摺られたとする白バイの右側面は見せたくない、スクールバスが悪い」という心理がカット数の差となって現れていますね。

ネガの複製が明らかになった場合ですが、撮影したものの都合の悪いカットが除外され、他の現場の写真に差し替えられていたという可能性もあるわけです。

[C706] 元ネガから取った写真か

広角系のレンズで撮ったものが表記のゆがんだ写真ですか。これはフィルムネガと一緒でしょうか。
裁判ではトリミングと認めており、それが元ネガだったら、おかしいんじゃないですか。


http://blogs.yahoo.co.jp/jbh024470000/37271177.html

[C707] 周辺がカットされた写真でも異常

>>706 jbh様
鋭いご指摘です。

掲載した写真はスキャンされた高解像度データの解像度を落としたものです。ネガのコマにはもう少し広い範囲(右ブレーキ痕を含む)が写っています。

プリントやスキャンで仕上がる写真は、必ずネガに写っている範囲より少し狭くなります。面積比でネガの80%ぐらいが有効プリント面積と言われているようです。ネガの周辺部は光学的に暗く歪みが生じる傾向が避けられないためにカットされる訳で、それが意図的なものとは言い切れないのです。

しかし、ネガの周辺部を切り捨てた有効プリント部で見ても、なおかつあれだけ周辺部が暗く歪んでいることが異常と言えます。

[C708] 元ネガの写真は提出すべきでないか

これは証拠写真やネガが真実か捏造かを問われている局面です。

右側が歪んでいて見ても分からなくても、提出することによって意図的か、そうでないかは、裁判所、弁護側が判断すべきであって不自然です。

また、歪みを修復して自然画面にする技術者もいるかもしれません。

今の映画はシネマスコーブが、ほとんどで最初、私が映画を見た時は長いフィルムで撮ったのかと思いましたが、そうではなく35mmフィルム(普通のフィルム)を横を長く写せる特殊レンズで撮影し(したがってフィルムの映像は横が圧縮された映像になる)
映画上映では、圧縮されたフィルムは横長になる特殊レンズにより横長となって自然の映像となりスクリーンに映しだされ、いかにも横長のワイドスクリーンとして見えると記憶はています。

[C709] 2件以外は....

>>708 jbh様
はい。当然ながら、有効プリント外の部分といって検証から除外するものではありません。

ねつ造が証明できるならどこでも取り上げます。複写撮影もオリジナルより狭くなりますので撮影範囲の矛盾を探したのですが、今のところは見つかっていません。何が偽造痕で何が自然な現象か判断が難しいところがあります。カメラとレンズの特定ができれば、もう少しはっきりすると思いますが協力してもらえるかどうか。

>歪みを修復して自然画面にする技術者もいるかもしれません。
デジカメ用ですが、レンズごとに歪みと周辺光量不足を補正するソフトウェアが存在しています。鑑識カメラがデジカメになると、偽造・捏造がやりたい放題になるかのではと心配になります。

[C748] Re: タイトルなし

> あほらしい!!
という透明コメントをいただいた名無し委員様
見る人が見れば複写写真と分かるでっち上げ証拠を出すなんて実にあほらしいですよね~。

素人でも分かるでっち上げらしい証拠もありますよ。ですが、あまりにわかりやす過ぎて「まさか」という盲点でもあります。検察や裁判所がよくも証拠として受け取ったものだと呆れるようなシロモノです。この証拠は専門家が鑑定するらしいので今は公にできません。事実が明らかになれば誰もが「あほじゃない?」と思うでしょうね。

ヒント:年賀状の季節に悩んだ現象。10年ぐらい前はよくあったけど今はほとんどない現象。
  • 2011-12-04
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

国民が司法を審判しよう

バナーS

プロフィール

監視委員長

Author:監視委員長
職業:元自動車メーカー社員で、バイクや自動車の取り扱いや技術に詳しいらしい
資格:自動車整備士資格があるらしい
趣味:写真を撮るのが得意らしい
特技:若い頃にバイクのレースに出てたらしい

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。