Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/117-a0aea171

-件のトラックバック

-件のコメント

[C779] 理想にはほど遠い

777(フィーバー番←古!)の名無し様、コメントありがとうございます。

ご指摘のように、タイヤ痕が付くほどの急ブレーキまたは白バイの衝突で横滑りしたら、バスの乗客には大きな衝撃(技術的には加速度)が加わります。たいていの人はビックリして記憶にとどまるはずですね。乗っていた生徒にそのような証言はなかったはずです。原審では生徒たちの証言が取り上げられず、警察側の言い分だけが採用されたわけです。

先週14日、自由民権記念館民権ホールで開かれた集会で、学校の先生という方がこう指摘されていました。バスに乗っていた生徒たちが、自分たちが体験したことが裁判で聞いてもらえなかったことが心に残ったまま大人に成長しなかったか気がかりだと。

警察は犯罪認定が厳しく、手柄にならない捜査は拒否されて簡単に捜査してくれないという話も聞きます。裁判所も警察も理想とはほど遠い存在になりつつあるのでしょうか?
  • 2012-09-18
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

[C780]

当初から違和感を感じていた事なのですが、

>タイヤ痕が付くほどの急ブレーキまたは白バイの衝突で横滑りしたら、バスの乗客には大きな衝撃(技術的には加速度)が加わります。たいていの人はビックリして記憶にとどまるはずですね。

あの8トンからの重いバスが急ブレーキをかけ、あのスリップ痕を残すほどの速度ならば、相当なノーズダイブで急減速し、いかに若者が多かったとはいえ打撲程度の怪我人が数人はいてもおかしくないし、逆に誰一人として打撲もなく、また急ブレーキさえも感じてない者が複数人いるなどとは絶対にあり得ないんですよね。
少なくとも急ブレーキはなく、あんなスリップ痕が残るはずがないんです。
以前にBlogで警察への勧告として「あれはたまたま同じ位置にあった他の大型車の痕跡であり捜査のミスだった」とでもすれば、警察も傷は浅くて済み犯罪者扱いまではされずに済むんじゃない?と書いてあげたのですが、白バイ隊員に偽証させての徹底抗戦とは・・・まあ国家権力の横暴で何でもやれるという奢りや慢心があるのでしょうが、あんな稚拙な証拠もどきじゃ国民からの信頼はゼロ。頭の悪い連中です
orz

[C782] 落としどころを誤った県警

kochiudonさま
返信が遅くなりました。
急ブレーキであろうが横滑りであろうが、10km/hから1メートルそこそこで停止するのは結構な減速度が生じることになります。おっしゃるようにけが人が出ても不思議ではないのに、誰も印象に残るような衝撃を感じなかった訳です。この点だけでも、バスが泊まっていたことが伺えるのです。
県警が徹底抗戦の構えは、司法が有利な裁定をしてくれるという余裕からなんでしょうか?極めて怪しいとされながら違法性が問われなかった捜査費問題のように。そういう事を繰り返せば警察と司法は国民から信用されなくなるのですけどね。
  • 2012-09-27
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロ鑑定士のごまかし技(1)

プロの御用鑑定士様も細かい所でボロが出る内容である。決して無知という訳ではなく、科捜研計算書のような既存の資料を下敷きにして、新たな珍説を付け加えるからボロが出…いや不整合な話になっているようだ。

プロの御用鑑定士様の見立てはこちらを参照→高知白バイ事件 再審請求 嘱託鑑定9

●車の回転は重心点が中心
御用鑑定士様は白バイが衝突したときのバスの動きを次のように解説しておられる。
図4から分かる通り、白バイがスクールバスの重心位置から離れて衝突した場合、スクールバスは車体前部が左側に容易に移動(偏向)することがわかる
図4

図4

御用鑑定士様は「容易に移動する」なんて強引な事を書いちゃっていいのかね?この直前に“乗用車が動いたからバスも動くやろ”などと強引な二段論法を展開してたからなぁ(笑)
まあ、動いている車に横からバイクが当たれば、多少なりとも車の進路に影響を与えるのは間違いないだろう。外力によって車両の進路が変わるのは車体全体が回ってバスの向きが変わることになる。御用鑑定士様の図によると、重心点に向かって真横から当たると車体が横にずれる、という話はおおむね間違っていない(前後タイヤでの摩擦力の差によるヨーモーメントの影響があるが)。しかし、右図のように車体が回転するヨー運動で車体の重心点が揺動するような動きは間違っている。まさか交通事故鑑定業界の常識ではないだろうね。

自動車工学では、車の動きは車両の重心点を中心とする3軸で動き(ローリング、ピッチング、ヨーイング)が計測されて評価される。いまどきの車は高精度に車体の動きを検出しているものがあるが、車両の運動や姿勢を計測するセンサは重心点付近に取り付けられる。重心点から外れたら正しい計測ができないからである。
自動車のテクノロジー基礎編
【自動車のテクノロジー 基礎編より】

●後輪タイヤ痕がないことを正当化したいため
事故によっては重心点を外れる動きもありえるが、今回の事故状況ではバスの重心点を中心としたヨー回転運動とするのが妥当である。車両の重心位置は軸重から計算する。このことが理解できれば、御用鑑定士様や科捜研計算書のように後軸を中心に車両が回るケースは、前軸重がゼロで後軸重が100%になる場合のみということが分かる。

すなわち、ありえない条件で設定した仮説で結論づけようとしているのである。車体回転に伴って後輪にスリップ痕が付かないことにしたいために、こういう非常識な設定にしているのだろう。この点を除けばバスの回転中心が重心点でも後軸でも大きな影響は与えないだろう。しかし、御用鑑定士様や科捜研計算書は、後輪タイヤ痕がないことにしたいため、自動車工学を無視して無理な屁理屈を付けているという印象を持たざるをえない。

いずれにしてもバイクが側突すればバスの進路に影響を与える点は不思議ではない。ただし、バスが本当に走っていたらの話であるが。

関連記事
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/117-a0aea171

0件のトラックバック

3件のコメント

[C779] 理想にはほど遠い

777(フィーバー番←古!)の名無し様、コメントありがとうございます。

ご指摘のように、タイヤ痕が付くほどの急ブレーキまたは白バイの衝突で横滑りしたら、バスの乗客には大きな衝撃(技術的には加速度)が加わります。たいていの人はビックリして記憶にとどまるはずですね。乗っていた生徒にそのような証言はなかったはずです。原審では生徒たちの証言が取り上げられず、警察側の言い分だけが採用されたわけです。

先週14日、自由民権記念館民権ホールで開かれた集会で、学校の先生という方がこう指摘されていました。バスに乗っていた生徒たちが、自分たちが体験したことが裁判で聞いてもらえなかったことが心に残ったまま大人に成長しなかったか気がかりだと。

警察は犯罪認定が厳しく、手柄にならない捜査は拒否されて簡単に捜査してくれないという話も聞きます。裁判所も警察も理想とはほど遠い存在になりつつあるのでしょうか?
  • 2012-09-18
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

[C780]

当初から違和感を感じていた事なのですが、

>タイヤ痕が付くほどの急ブレーキまたは白バイの衝突で横滑りしたら、バスの乗客には大きな衝撃(技術的には加速度)が加わります。たいていの人はビックリして記憶にとどまるはずですね。

あの8トンからの重いバスが急ブレーキをかけ、あのスリップ痕を残すほどの速度ならば、相当なノーズダイブで急減速し、いかに若者が多かったとはいえ打撲程度の怪我人が数人はいてもおかしくないし、逆に誰一人として打撲もなく、また急ブレーキさえも感じてない者が複数人いるなどとは絶対にあり得ないんですよね。
少なくとも急ブレーキはなく、あんなスリップ痕が残るはずがないんです。
以前にBlogで警察への勧告として「あれはたまたま同じ位置にあった他の大型車の痕跡であり捜査のミスだった」とでもすれば、警察も傷は浅くて済み犯罪者扱いまではされずに済むんじゃない?と書いてあげたのですが、白バイ隊員に偽証させての徹底抗戦とは・・・まあ国家権力の横暴で何でもやれるという奢りや慢心があるのでしょうが、あんな稚拙な証拠もどきじゃ国民からの信頼はゼロ。頭の悪い連中です
orz

[C782] 落としどころを誤った県警

kochiudonさま
返信が遅くなりました。
急ブレーキであろうが横滑りであろうが、10km/hから1メートルそこそこで停止するのは結構な減速度が生じることになります。おっしゃるようにけが人が出ても不思議ではないのに、誰も印象に残るような衝撃を感じなかった訳です。この点だけでも、バスが泊まっていたことが伺えるのです。
県警が徹底抗戦の構えは、司法が有利な裁定をしてくれるという余裕からなんでしょうか?極めて怪しいとされながら違法性が問われなかった捜査費問題のように。そういう事を繰り返せば警察と司法は国民から信用されなくなるのですけどね。
  • 2012-09-27
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

国民が司法を審判しよう

バナーS

プロフィール

監視委員長

Author:監視委員長
職業:元自動車メーカー社員で、バイクや自動車の取り扱いや技術に詳しいらしい
資格:自動車整備士資格があるらしい
趣味:写真を撮るのが得意らしい
特技:若い頃にバイクのレースに出てたらしい

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。