Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/141-ed7326fd

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

タイヤの下に流れ込む謎の液体X

御用鑑定士は、タイヤ痕先端部だけ黒くなっていた原因は、止まったバスの前輪の下に液体が流れ込んだためという。それは事実か検証する。この記事は、御用鑑定の比較一覧のNo.18「タイヤ痕が先端だけが濃く、時間とともに薄くなった原因」の解説(その2)である。

●タイヤの内側を液体が流れた形跡はない
O御用鑑定士は、ゴム屑説を鑑定書に書いていたが証人尋問で弁護団から矛盾を問い詰められると「いや、タイヤの下に液体が入り込んだかもしれない…」などと言い逃れをしたという。Y御用鑑定士は、ゴム屑説または液体浸透説という両論併記である。ゴム屑説は写真を拡大すればウソであることが分かっている。

ネットでも言われてた液体浸透説も、どうひいき目に見ても可能性はゼロである。まさか、どこからか水が飛んできてタイヤの下だけに入り込むという妄想をしている訳ではないだろう。Y鑑定士は「急ブレーキで車体のどこかの水が流れ出た」と根拠のない妄想を描いていたようだ。そもそも、車体の下周りに水が溜まると、そこから錆びてしまうため、水が溜まらないような構造にするのが設計のセオリーだ。車体構造も知らないのに、御用鑑定士らはいったいどこから液体が流れてきたというのか?明確にしてもらいたいものだ。
タイヤ内側に液体流出なし
(A)白バイから漏れた液体が傾斜を遡ってバスの前輪の下に流れ込んだ形跡はない。白バイから漏れた液体は路面の傾斜によってバス前輪から離れる方へ流出している。
(B)タイヤ内側に液体が伝わった形跡もない。
バスの右前輪が写っている写真を見れば液体が流れ込む可能性がないことが明らかである。当然だが、左右の前輪に同様に液体が入り込む可能性などまったくないと断言できる。

●タイヤを伝わった液体はタイヤの外側に広がる
百歩譲って、バスからの液体がタイヤ側面に伝わったにしても、タイヤの下(タイヤ踏面)だけに流れ込む可能性はない。タイヤの下に流れる可能性があるかどうか、タイヤ側面にコップ一杯の水をかければ分かる。タイヤに水をかけてみると、タイヤのサイドウォールを伝わった水が路面上に垂れ流れる。しかし、タイヤの外側に広がるが、タイヤの下にはあまり流れ込まない。また、現場路面の傾斜を考えれば、タイヤ前方へ広がるはずである。しかし、タイヤの前方への流出痕はない。
タイヤ側面に液体が流出したら
言うまでもないが、タイヤの外側と内側で液体の広がり方が変わることはない。タイヤ側面に伝わった水はタイヤ踏面だけに染み込むことはなく、路面外側へより広がるのである。御用鑑定士たちは、この程度の簡単な検証すら行わない無責任な書類を「鑑定書」と称して公的機関に提出しているのである。
実際にタイヤに水をかけてみればすぐに分かることだが、まるでありえない妄想のようなことを鑑定書に書いているのだ。一応プロだと思われている御用鑑定士が簡単な検証すらしないのは理由がある。結論ありきで屁理屈を付けたことがバレてしまうのだ。他の鑑定書を見たことがないが、プロの御用鑑定士はいつもこのような調子で鑑定を行っているのだろうか?大いに疑問というか無責任さを感じる誤用、いや御用鑑定士である。

●タイヤの転写痕がないタイヤ踏面は濡れていなかった
ブツブツ言いながら、さらに百歩譲って、どこからか飛んで来た謎の液体X(笑)がタイヤの下だけに流れ込んでいたとすれば、バスを移動させる時点でタイヤ踏面が濡れていたはずである。とすれば、バスの移動させるとき、タイヤが1回転するたびに濡れた部分の跡(転写痕)がつくはずである。バスのタイヤサイズは9R19.5-14PRで、タイヤの外周長は約2.8mだから、2.8メートルおきに“スリップ痕”が印象されることになる。
液体が付着した転写痕がない
バスの前輪踏面が湿潤していたら、バスを前進させたときもタイヤが1回転するたびに転写痕がつくはずだ。しかし、左タイヤの停止点(F)から前方の3mの範囲内に転写痕がない。また、転写痕(D)と(G)がスリップ痕とされる(C)と(F)と同じに見えることに気が付くだろうか。ガソリンを使えばスリップ痕が容易に捏造できる証明でもある写真だ。事故現場でよく見る光景だから警察官らがそのことを知らないとは言えないだろう。
バスを移動させた後の写真を見ると、タイヤの転写痕がよく見える。右タイヤ停止点(C)の先にあるバスの右タイヤの転写痕(D)は、進行距離から見て白バイから漏れたガソリン溜り(E)を踏んだ後の転写痕と思われる。

ところが、左タイヤはその停止点(F)から前方の約3mの範囲内の進路上(黄色点線の矢印)に転写痕がない。転写痕(G)は、進行方向が異なるダブルタイヤの転写痕であり、バスの前を横切った車両のものと見られる。両側のタイヤに液体の付着があるはずだが左タイヤの転写痕がない。ことから、バスが撤去される時点でタイヤの接地面に液体が浸透していなかったことになる。

●事実が鑑定できなかったタイヤ痕
ネットではブレーキ液が流れたという妄想があったようだが、バスの修理記録からブレーキ配管が破損した事実はない。バスのコンプレッサータンクの凝縮水が漏れた説も、タンクおよび配管の位置が前輪より前にあり、左右のタイヤに流れ込む可能性はない。白バイから漏れたガソリンと冷却水以外に液体が流出した形跡がないのである。すなわち、左右両輪の接地面に同じ濃さで液体が染み込む可能性はない

青かぶり比較

●タイヤ痕先端部が薄くなる事象
このタイヤ痕の不思議な所は、時間が経つと逆にブレーキ痕本体とされる部分(A)より黒くなっていた先端部(B)が薄くなっている点だ。これについては以前の記事で言及しているが、バスを移動させた後、タイヤ踏面が黒くなっていないことに気が付いた何者かが急いで塗り足してタイヤ痕の長さを調節した。この塗り足しの結果、液体が乾いたときに塗りムラとなったものと考えるのが合理的である。2名の御用鑑定士は、後で薄くなった点についてはスルーしている。説明不能または説明すると都合が悪いことになるからだろう。
濡れたスリップ痕?

ブレーキ痕詳細図

●結論:濡れたタイヤ痕は作為によるもの
上記で述べたように、2名の御用鑑定士は雁首を揃えてもタイヤ痕の先端だけ黒くなった現象を合理的に説明できなかったと言える。すなわち、自然にタイヤ痕の一部だけ濡れるという現象は起こりえないということである。

この結論を判決文調の文体で書くと、バスを撤去した後で何者かがタイヤ踏面に液体を塗ってタイヤ痕を塗り足したと考えるほかない、となる。

濃さが変わる怪しげなタイヤ痕について、その現象が合理的に説明できない限り再審請求は却下できないはずだ。それとも何かの屁理屈をつけて再審請求を却下するつもりだろうか?いずれにしても、この件は判決文にちゃんと理由を明記してくださいよ。法治国家なら。>武田義徳裁判長どの

当方のブログに掲載された記事および図版の無断引用はご遠慮願います。



文字色
関連記事
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/141-ed7326fd

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

国民が司法を審判しよう

バナーS

プロフィール

監視委員長

Author:監視委員長
職業:元自動車メーカー社員で、バイクや自動車の取り扱いや技術に詳しいらしい
資格:自動車整備士資格があるらしい
趣味:写真を撮るのが得意らしい
特技:若い頃にバイクのレースに出てたらしい

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。