Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/142-4c6d7b78

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

事実をねじ曲げる欺しのテクニック

2名の御用鑑定士は「警察調書のスリップ痕の長さは短すぎた」と画期的な鑑定をし、関係者を驚かせた。どのように驚かせたかというと「あ〜あ、警察が触れられたくないことを身内が暴露しちゃったねぇ(笑)」。この記事は、御用鑑定の比較一覧のNo.7〜14「スリップ痕の長さ」と関連事項の解説である。

●スリップ痕の位置を視覚的に欺す手口
2名の御用鑑定士は、警察が主張するタイヤ痕(左1.2右1.0メートルの長さ)を否定している。O鑑定士は弁護団に矛盾を問い詰められ、鑑定書に書いていないにもかかわらず言い逃れ的に「もっと長いタイヤ痕」だったと訂正している。Y鑑定士はバスのタイヤ痕はもっと手前の少し離れた位置に「ABSの最初の強い制動痕」が付いているとしている。
1.5m?のタイヤ痕位置
Y鑑定士は、比較するものがない写真を選んで「ABSの最初の強い制動痕」の位置(A)が印象されているとしている。下側の痕跡は画面端からはみ出して先端部が不明確である。この写真だけ見れば、右側1.0メートルのタイヤ痕の全長と比較して1.5倍ほどの位置が黒くなっているように見える。これが広角レンズの歪みを利用した欺しのテクニックである。この欺しのテクニックは検察官も使っているといわれている。
右側1.0メートルのタイヤ痕より手前に薄く黒ずんだ部分があったことは確かである。それがタイヤ痕だとすると、どのくらいの長さのタイヤ痕になるのか?広角レンズで強く歪んで周辺部の画像で痕跡の端が切れている写真で「長さ」を判断しても不正確極まりない(それが欺しの目的であるが)。正確に見積もるのは、バスの車体を「スケール」にして比較すればよい。弁護団側がバスのブレーキ試験を行ったときの写真と比較し、鑑定士と検察官が主張するタイヤ痕の全長を検証したのが下の写真である。
2mタイヤ痕の長さ
上の写真がバスの実証試験時のもので、1メートル間隔で路面にテープを貼っている。下は事故現場の写真で、ほぼ同じ角度で撮影されている。パスのボディパネルのつなぎ線を参考に、両方の写真を比較すれば、鑑定士がいう「ABSの最初の強い制動痕」の位置(A)は、1.5メートルではなく2メートル手前の地点から印象されていることが明白である。
●新たな証拠捏造の疑いも
Y鑑定士は、白バイの衝突速度を求める計算式の条件定義において「スリップの長さをL=1.5mとする」などと、根拠も示さずに勝手にスリップ痕の長さを決めつけていたが、実際は2メートルほどの長さになるのだ。仮に、2.0メートルのスリップ痕がバスを撤去後に0.5メートルほど短くなっていたとすれば、それは新たな証拠捏造の疑いも出てくる。タイヤ痕の濃さだけでなく、長さまで変わる可変タイヤ痕などはありえない現象だからだ。

●検察も捏造犯と共犯関係?
ずさんな御用鑑定という事実を示す写真を突きつけられても、高知地検のN検察官は「Y鑑定は1.5メートルと書いているのに、弁護側はそれを2メートルと誤って引用しており信用できない」などと主張した呆れた意見書を裁判所に提出しているらしい。この意見書で検察の姿勢が明確になった。

事実を証明する写真を突きつけられても、徹底的にバッくれる検察の姿勢は「もはや宗教」に近いと言える。というより、反論できないところまで追い詰められており、取り調べ中に動かぬ証拠を突きつけられた犯罪者のように、頑なに事実を否認するしか選択肢はないのだ。事実をねじ曲げる欺しと知っていて裁判官を欺く意見書を作る検察は、もはや捏造犯を隠避する共犯関係にあると見てよいだろう。

●警察は2メートルのタイヤ痕を認識していた
実は、警察は2メートルのタイヤ痕の先端をチョークでマークしており、間違いなく認識していたのだ。しかし、これを無視して1.2/1.0メートルのタイヤ痕を選択したのは、制動距離との関係で計算が狂うためだ。
2mタイヤ痕とチョークマーク
警察はバスの撤去後、2メートルのタイヤ痕の所にチョークでマークしていることが判明している。警察がこのタイヤ痕の始まり位置を把握していながら無視したのは、警察が描いた筋書きが狂うため。ここらへんは慣れているため抜かりはないと言える。
2メートルのタイヤ痕とすると、どのような事故形態になるのか?次回は御用鑑定の矛盾を掘り下げる。

当方のブログに掲載された記事および図版の無断引用はご遠慮願います。

お詫び:この記事の登録日付が誤って11月26日になっておりました。11月1日頃にアップしたと思いますが、訂正できないため11月9日の登録日付としておきます。お詫びして訂正します。

関連記事
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/142-4c6d7b78

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

国民が司法を審判しよう

バナーS

プロフィール

監視委員長

Author:監視委員長
職業:元自動車メーカー社員で、バイクや自動車の取り扱いや技術に詳しいらしい
資格:自動車整備士資格があるらしい
趣味:写真を撮るのが得意らしい
特技:若い頃にバイクのレースに出てたらしい

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。