Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/154-9b2a683f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

反省しない無責任な面々の冤罪事件

2015年3月9日、富山連続婦女暴行冤罪事件の国賠訴訟で一審判決があった。
富山冤罪 県に賠償命令 1900万円 捜査の違法性認定
富山県氷見市で二〇〇二年に起きた強姦(ごうかん)事件で再審無罪となった柳原浩さん(47)が、違法な捜査で逮捕、起訴され、約二年間の服役を強いられたとして、国や県に約一億四百万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、富山地裁(阿多(あた)麻子裁判長)は九日、「取り調べで虚偽の自白を作り出すなど、警察の捜査に違法性があった」として県に約千九百六十六万円を支払うよう命じた。
 一方、検察官による起訴については「虚偽の自白と容易に認識できたとは認められず、合理的根拠に欠けていたとは言えない」との判断を示し、国への請求は退けた。柳原さんの弁護団は「一部勝訴と言えるが、判決文を精査したい」と話している。
 〇七年十月に再審無罪が確定した柳原さんが「冤罪(えんざい)の原因を究明し、責任を追及したい」と〇九年五月に提訴していた。弁護団によると、再審無罪事件で国家賠償を命じた判決は過去に二件あるが、いずれも控訴審で覆り、敗訴が確定している。
 判決によると、富山県警の捜査員は逮捕した柳原さんが事件の主要な部分を供述できないことを認識しながら、強い心理的圧迫を加え、虚偽の自白を作り出した。被害者の証言を過度に重視する余り「事件現場の足跡と同じサイズの靴を持っていない」という柳原さんの供述や柳原さん宅の家宅捜索結果を軽視した。
 いずれも「警察官に認められた裁量を逸脱乱用しており、国家賠償法上、違法と言うべき」としている。
 捜査で柳原さんが精神的苦痛を受け、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しんだことも認めた。
 <氷見の冤罪事件> 富山県氷見市で2002年に発生した強姦事件で、タクシー運転手だった柳原浩さんが誤認逮捕された上、富山地裁高岡支部から実刑判決を言い渡され、約2年間服役した冤罪事件。06年に鳥取県警が強制わいせつ容疑で逮捕した男の自白から誤認逮捕が判明し、富山県警と富山地検が柳原さんに謝罪した。柳原さんは07年に再審無罪が確定し、09年に国家賠償を求める訴訟を起こした。
2015年3月9日 東京新聞夕刊
ひどい冤罪事件である。事件については下記に詳しく書かれているのでよく読んで欲しい。
富山連続婦女暴行冤罪事件

●機能していない捜査機関
この事件は、証拠調べがデタラメで被疑者が犯人ではない可能性が高かったにもかかわらず、粗雑な捜査によってでっち上げられた被疑者を富山地方検察庁が強引に立件し、無知無能な裁判官があっさり犯人として認定した事件である。

冤罪事件が発覚した後でデタラメなことをやらかしたバカどもはこう弁明している。
●富山県警小林刑事部長:聞き込みなどで男性が浮上し、被害者と面通しなどで容疑者と判断した。足跡が一致しないことは認識していたが捜査で詰め切れなかった
●富山地検佐野仁志次席検事:基本に忠実な捜査を怠り、客観的な証拠に対する問題意識が足りなかった。特に足跡のサイズが不一致だったことや男性方の電話発信履歴については捜査が不十分だった。

当たり前の常識的なことができなかったから、冤罪事件を引き起こしたと言うことだ。

●歪んだ人格で人を裁けるか
足跡のサイズとは、容疑者の靴のサイズが24.5センチだったのに、現場に残された靴跡は28センチだった。どう考えても容疑者とするには無理がある証拠でありながら、富山県警本部刑事部捜査第一係長・長能善揚が強引に自白させ、富山地検の松井英嗣・検察官事務取扱副検事が強引に立件し、中牟田博章裁判官が証拠を精査せず、警察と検察官の言うままに安易に無辜の人を有罪に認定したのである。

24.5センチの足に28センチの靴を履いて出歩くのか、普通程度の知能があれば考えて分かる話である。警察官、検察官、裁判官のIQと常識を疑ってかかった方がよい。これらの連中は総じて無知・無能かつ非常識なのであるが、連中は自分らが優秀だと信じて疑わないらしい。事件をでっち上げる方の無知・非常識だけではなく、エリート意識にまみれた傲慢さで歪んだ人格によって、冤罪が繰り返されるといえる。

●悪意まみれの国営暴力団
ただの無知無能であればまだしも、狡猾さと傲慢さが加わる極めて劣悪な人格であるゆえに救いがたいのである。ただの間違いではない。国民個人に対して職務上許されない重大な間違いを犯したのである。全身全霊を懸けて土下座しても足りるものではない。しかし、こいつらはまじめに謝罪すらしていないのである。証拠をでっち上げた長能善揚などはヘラヘラして「スマンな」のひと言である。スマンで済むなら警察はいらない。この連中は、悪意にまみれた国営暴力団組織と言い切っていい。
氷見冤罪事件・長能善揚(富山県警、捜査一課)劇場

こういう無知無能で無責任な連中がのうのうと同じ仕事を続けていることが許せないではないか。

中牟田博章裁判官は、富山地家裁高岡支部判事→福岡高裁判事→鹿児島地家裁部総括判と順当に出世しているらしい。
富山県警本部刑事部捜査第一係長・長能善揚のその後の情報がない。いまだに富山県警で証拠を捏造しているのだろうか?
松井英嗣・検察官事務取扱副検事は、富山区検察庁副検事→魚津区検察庁副検事→高岡区検察庁副検事と富山地方を転々としているらしい。

富山県民としては、こんなの危険人物に近所をウロウロされたらたまったものではないだろう。

呆れるほどマヌケな連中がでっち上げた冤罪事件だが、運良く真犯人が見つかって無実が立証された。しかし、運がなかったら無実のまま犯罪者扱いにされたはずである。国家権力の暴走で、言いようがない人権侵害を受けた無実の方が国に賠償請求の裁判にどれだけ心がこもっているのか。

●反省と謝罪の気持ちが見えない判決
今回の富山連続婦女暴行冤罪事件の場合も「冤罪を起こした警察官と検事を同じ懲役刑にしろ」という声が少なからずある。国民感情としては冤罪の刑事責任まで問うべきということだ。

ところが、濡れ衣の罪で懲役3年の刑に服した代償がわずか1,900万円の賠償金という判決である。これには、ネット上で「賠償金額が少なすぎる」という声が多く上がっている。人間味のない阿多麻子裁判長による、単に労働時給単価に服役した時間を乗算しただけの金額であろう。すなわち、働いていたら服役期間中に得たはずの金額を補償する逸失利益という事務的な内容にすぎない。判決で示された賠償金額に「迷惑をかけて申し訳ない」とか「二度と繰り返させない」という反省や自戒の念を込めた気持ちは一銭たりとも込められていない。

賠償金の金額だけではない、長能善揚と松井英嗣への責任追及は、オトモダチな阿多麻子裁判長が認めなかった。こういう身内同士のかばい合いが冤罪事件が繰り返される本質だろう。仮に冤罪を起こした当事者に賠償責任がなかったとしても、職務責任はどうなのか?重大なヘマを犯したら、民間企業なら懲戒が当然であるのだが、こいつらに職務を続けさせる公務員組織のモラルが問われるべきである。

懲役3年の軽い冤罪事件ではない。原発事故ではないが、最悪の事態を想定し、厳重な対応をとっておく必要がある。もし、死刑の執行後に真犯人が見つかり、冤罪で無実の人を国家が殺したら取り返しがつかないことになる。その場合でも、逸失利益だけでコトを済まそうというつもりではないだろうね?それとも、真実をもみ消して冤罪事件がなかったようにするつもりか?

●立ち直りが期待できない組織
報道も報道で、冤罪事件を起こした関係者の実名ぐらい報道する基準を作っておくべきである。いつどこで、組織的に紛れ込んだ冤罪犯が関わってくるかわからない。報道が最低限の社会的な制裁すら避けているようでは、冤罪事件に荷担していると見なされても仕方ない。

このように、何をやってもお咎めがない組織だから何も反省をしない。冤罪事件や不祥事が繰り返されて当然なのである。立ち直りが期待できず、再犯を繰り返す組織であるゆえに「国営暴力団」とか「薬物中毒組織」と揶揄されるのである。

あまりにも情けない話である。責任ぐらいきちんと取れる大人の組織になれないのか。

参考サイト:
冤罪をつくった者を匿名で済まさない!

関連記事
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/154-9b2a683f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

国民が司法を審判しよう

バナーS

プロフィール

監視委員長

Author:監視委員長
職業:元自動車メーカー社員で、バイクや自動車の取り扱いや技術に詳しいらしい
資格:自動車整備士資格があるらしい
趣味:写真を撮るのが得意らしい
特技:若い頃にバイクのレースに出てたらしい

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。