Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/24-5d778b21

-件のトラックバック

[T351] 懐かしいニュース10年前の1999年9月の続き

10年前の1999年9月の続きです。( ´ー`) ■神奈川県警の不祥事が相次いで発覚。  ・厚木署員らが部下に集団暴行  ・相模原南署の...

-件のコメント

[C50]

衆議院法務委員会411 細川律夫議員質疑応答
動画アドレス
動画~4分~

http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=38963&media_type=wb&lang=j&spkid=427&time=02:16:41.5
  • 2008-06-08
  • 名無し委員さん
  • URL
  • 編集

[C51] 動画アドレス

ありがとうございます。動画のアドレスを訂正しました。
  • 2008-06-08
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

国会でも取り上げられた「特定事故事件」

高知だけでなく、愛媛でも白バイ事故を巡って警察の対応が厳しく批判されています。いずれも、警察が身内の事故を扱うのだから有利になるように操作している、という批判が巻き起こり、国会でもこの交通事故について取り上げられました。何もなければただの交通事故でしたが、とうとう政治問題まで発展するほど話が大きくなったのです。

●国会で白バイ事故が取り上げられた
このような世論を受けて、衆議院の法務委員会(08年4月11日)において高知・愛媛の白バイ事故の対応について取り上げられています。国会では、民主党の細川議員が「警察が身内の人間をかばっているのではないか?いずれの事件も不自然な点がある」と質問されています。
衆議院法務委員会の質疑:http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=38963&media_type=wb&lang=j&spkid=427&time=02:16:41.5

この細川議員の質問に対して、法相は「検察がしっかりしていればこういう問題は起きないだろう」という内容の答弁をしています。検察も司法もグルだと見なされているから批判されているのですけどね。アルカイダがお友達ではこんなものかもしれませんね。

国会答弁1

国会で取り上げられたことから、世論が政治を動かしつつあるのかな?という気がします。政治が本気で世論に向き合うなら、日本の政治もまだ捨てたものではない、と少し希望を持ちたいと思います。しかし、こういう与党の姿勢ではあまり期待できそうもありません。

●警察庁からの通達文
ところで、この法務委員会の中で、警察庁の交通局長が何もしていない訳じゃないぞ、という感じで答弁しています。なんだらかんだら言っていますが、要は「警察の中立性が疑われるような交通事故事件の捜査について、特に通達を出している」ということのようです。

国会答弁3

その警察庁の通達とは、これのことでしょうね。
「ち密な交通事故事件捜査の推進について」
http://www.npa.go.jp/pdc/notification/koutuu/shidou/shidou20080317.pdf

警察の言い分が事実だとしながらも通達を出すとはどういうことでしょう?問題がなければ何もする必要はないはずですが?

●官僚文書は裏読みするもの
この通達文を素直に読むと「警察庁は身内の事件についてはきちんと捜査しなさい」と指導しているようです。しかし、政治家とか官僚の文書は、そのままタテマエだけ読んでも意味がありません。ではなく、行間を読むことで本音というか本質が見えるのが特徴なのです。ということで、素直に読むのではなく裏に隠された真意を解読してみます(笑)

警察庁の新たな通達は、警察職員が当事者となる事故案件を「特定事故事件」としています。「特定事故事件」というのは、たぶん初めて出る新用語じゃないでしょうか?この用語が初登場したということは、それまで定義されていなかった事案に初めて対応するという意味になるのでしょう。

特に注目すべき点は、通達文にこういうことを書いている点です。


 ~社会的反響の大小にかかわらず~
 ~組織的な取組みが欠けていたと言わざるを得ない事例が生ずる等



わざわざ「~社会的反響の大小にかかわらず~」という断り書きを入れているのが、これは逆の意味で、事故の対応のまずさから国民から批判を受けたから、という動機として読み取れるわけです。役人は意図した動機と正反対なことを平気で言う習性があります。高知県議会で、交通部長が「質問を止めるつもりはない」と言って質問を遮ったのも同じパターンです。

そして「組織的な取組みが欠けていた」という所を額面通り読めば、問題になったのは本部(警視庁または県警)に連絡がなかったから、となるようです。しかし、裏読みすれば「組織的に取組めば不祥事として流出させなかったのに」と解読できます(笑)

つまり、高知・愛媛白バイ事故のようなケース受けて「警察署単位での対応がまずかった」と認めているようなものですね。これは本部の責任逃れとも読めますが、実際に警察が当事者となる交通事故でも報告するルールがなかったのでしょう。そういう点を認め、本部に要員を配置するとともに「特定事故事件」については本部に報告せよ、と警察署に縛りを入れる内容のようです。額面通り読めば.....ですが。

●身内の調査では効果が期待できない
しかし、この手の対応策というのはありふれた内容です。新味が無いばかりか本当に効果があるのか大変疑問です。なぜならば、県警がコトに当たれば問題がないように言っているようですが、県警と警察署とどう違う?と思わざるをえないからです。細川議員は「第三者の調査が必要ではないか?」と何度も質問していますが、警察側が回答したように組織内部の調査官が調べても以前と変わるとは思えません。

前の記事で書いているように、不都合な県議会の議事録を削除するなど、警察は都合の悪いことはひた隠しにする隠ぺい体質のままなのです。警察署から県警に報告しても、警察組織にとって「これはまずい」となったら必死に隠ぺいするのは幹部が多い本部組織の方ではないですかね?これを裏付けるような話も出されています。

●不祥事はマスコミに騒がれて不祥事になる??
法務委員会での警察庁の答弁に対して、細川議員は以前の神奈川県警でひどい内部訓辞があったじゃないかと暴露しています。これは、平成10年頃に不祥事を連発して世間から批判を浴びた神奈川県警の本部長から各警察署の署長への訓辞だそうです。このときのメモが流出したようですね。この訓辞の内容を聞いて呆れました。


 不祥事があっただけでは不祥事ではない。これがマスコミに騒がれて初めて不祥事になる。
 不祥事ががあった場合は、県警全体で組織で処理に当たる
 事を小さく納める。物事は二重三重の帳簿で処理している。


なんとも不遜な訓辞ですが、それがいかにも警察的な価値観だと納得できます。「マスコミに騒がれなければ不祥事ではない」と言ったにしろ、言わなかったにしろ、↓警察上層部の隠ぺい体質をよく表しているのではないでしょうか(笑)

国会答弁4

●不祥事を防ぐより隠す警察体質
今回の通達文とか警察上層部の答弁から読み取れるのは、警察は不祥事を未然に防ぐ予防措置は最初から考えず、起きた不祥事を流出させない後処理を貫く方針だということです。10年前に不祥事のデパート状態だった神奈川県警も、今回の警察庁の通達も「組織で処理すべし」と、まったく同じ方向性を持っているようですからね。やはり「三つ子の魂百まで」なんでしょう。

●結局、国民から信頼されない警察組織
つまり、警察組織は昔ながらの体質から何も改善されておらず、何も期待できないということです。本部が介入して組織的な取組みにしたからといって、公正な捜査が行えると思う人は少ないでしょう。そこまで警察の信用が地に落ち、警察の持つ価値観そのものが国民から批判されているのです。そこを警察自身が認めようとしないのが最大の不幸なのです。
関連記事
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/24-5d778b21

1件のトラックバック

[T351] 懐かしいニュース10年前の1999年9月の続き

10年前の1999年9月の続きです。( ´ー`) ■神奈川県警の不祥事が相次いで発覚。  ・厚木署員らが部下に集団暴行  ・相模原南署の...

2件のコメント

[C50]

衆議院法務委員会411 細川律夫議員質疑応答
動画アドレス
動画~4分~

http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=38963&media_type=wb&lang=j&spkid=427&time=02:16:41.5
  • 2008-06-08
  • 名無し委員さん
  • URL
  • 編集

[C51] 動画アドレス

ありがとうございます。動画のアドレスを訂正しました。
  • 2008-06-08
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

国民が司法を審判しよう

バナーS

プロフィール

監視委員長

Author:監視委員長
職業:元自動車メーカー社員で、バイクや自動車の取り扱いや技術に詳しいらしい
資格:自動車整備士資格があるらしい
趣味:写真を撮るのが得意らしい
特技:若い頃にバイクのレースに出てたらしい

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。