Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/25-f0438b6e

-件のトラックバック

[T28] マスコミに高知白バイ事件について問い合わせしよう

問合せ先はこちら ●高知県知事へのメール chijimail@ken4.pref.kochi.lg.jp ●高知県警察へのご意見・ご要望 http://www.i-kochi.or.jp/hp/kenkei/a_mail.htm ●高知県公安委員会へのご意見・ご要望 kochipsc@mb.inforyoma.or.jp ●高知新聞ホームページ

[T32] 高知新聞 「証言を黙殺」。とうとうやってしまった。

高知新聞がやってしまったようだ。 最後の高知新聞取材 その2  取材に来た「管理職」が驚いたことがある。その話しを聞いたとき私も驚いた。  「事故の瞬間を目撃した人もいるんですよ。 その人はバスの反対側から事故の瞬間を目撃しているんですよ!」  そ...

[T45] きっこのブログ「お知らせ」 12月1日(月)の夜7時のテレビ朝日の「報道発 ドキュメンタリ宣言」を紹介

きっこのブログのエントリー「 2008.11.30 お知らせ」で12月1日(月)の夜7時のテレビ朝日の「報道発 ドキュメンタリ宣言」を紹介しています。 「きっこのブログ」はこちら↓ きっこのブログ 「お知らせ」 番組紹介はこちら↓ 「何のために刑務所に入るの

-件のコメント

[C55]

私は、何度か高知新聞に、この事件の不可解さを電話したものですが、スリップ痕は大勢の一般人がいるところで、捏造することは不可能とか、現地で実況見分せず、当事者を別のところですることはあるとか(私も簡単な事故で駐在署でしたこともありましたが、駐在署の警察員が動けない状態だったので、簡単な事故でしたので現地には行かずに現場検証したわけです。現場は駐在署の警官が十分熟知している場所です)。しかし、今回の事件は、わざわざ、現場から離して、目撃証言もしているのです。
それをなんとも思わないのか。むしろスリップ痕のことも知っていて警察に加担しているように思われます。
  • 2008-06-21
  • 名無し委員さん
  • URL
  • 編集

[C56] 記事の中立性は?

民事和解の記事でよく分かります。朝日新聞は訴状を「死亡させたとしていて~」と客観的な表現です。警察支援団新聞は、「国道に右折進入する途中で」と警察の言い分をそのまま載せています。
記事の比較→http://c3plamo.slyip.com/blog/index.html
ここら辺に報道の中立性があるかないかが見て取れます。また、遺族側のコメントを載せたり、さりげない印象操作もありますし。こういう点からも、個人的な意見の表明ではなく、組織的な工作活動だろうと見ています。
  • 2008-06-23
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

暗躍するブラックマスコミ

前に反横滑りと黒いマスコミの記事を書いたところ、予想外の反響がありました。一時的とはいえブログのアクセスが急に伸びたのです。しばらく、アクセス傾向の様子を見ていましたが現在は少し落ち着いたようです。

●ログ画面を公開
ところでLM737さんのブログで監視委員長が「高知BBSに報道機関の関係者が関与していることを把握している」と紹介されていました。

LM737さんにその顛末を説明しましたので、その内容を公開します。事の起こりについては前の記事に書いていますが、マスコミからのアクセスログに高知BBSからの足跡が付いていたことで発覚したのです。

これについては、前の記事に書いていることが曖昧で「本当か?」と疑う声もありましたので、アクセス解析画面(旧管理画面)のコピーを貼って詳しく書いておきます。

ログ画面

画面の赤い囲みがアクセス時刻で、その下に過去の訪問経歴が分かります。問題のfw.kochinews.co.jpは、08年4月3日午後4時49分13秒に初めてアクセスしてきた事を示しています。同時に「http://f40.aaa.livedoor.jp/~kochibbs/c...」(高知BBS)からリンクで飛んできたこともアクセス解析で分かります。

●アクセス解析と掲示板の書き込みが一致
アクセス時間の掲示板の書き込み内容を見たところ、#50に当ブログのリンクが貼ってあったのでここから飛んできたのは間違いありません。その前後の書き込み内容についてはこちらを参照↓。
http://kochibbs.daa.jp/cgi/mibbs.cgi?mo=p&fo=dendou&tn=0033&rs=48&re=63&rf=no&al=on


50: 名前:名無しぜよ投稿日:2008/04/03(木) 16:41
真っ正面に見えますね(↓ここの一番下の写真)
http://r110.blog31.fc2.com/blog-entry-3.html
  ↓
【 16:49にfw.kochinews.co.jpが当ブログへ初アクセス】
  ↓

51: 名前:名無しぜよ投稿日:2008/04/03(木) 16:55
>>50
どんな視点から見ているんだろう・・・・・・・・・。バイクでしょうかね?
スクーターとかワンボックスとかじゃないの?その写真は昼間に追い越し車線上より
カメラを構えて撮影したのでしょうか?非常識な行為ですね。そんな事をする人を撥ねて
しまってもドライバーが悪いんですからね。
立てって撮影するのとドライバやライダーの視点は違います。前提が全くおかしい。
根拠を詳細に書くといろいろ露見して大変ですね。
腕が上でも止まれないような道路のふさぎ方をしたバスがいかんと思いますね。



さらに16:55の#51で「その写真は昼間に追い越し車線上より~」と、写真を見ないと分からないことを具体的に書いています。当ブログを見て掲示板に書き込んだのは間違いないでしょう。さらに、このfw.kochinews.co.jpは初アクセスですからこれ以前に見たことがなく、次のアクセスが17:10ですから写真を見た印象を16:55に書けるのはfw.kochinews.co.jpしかないのです。アクセス解析と掲示板の書き込み内容が一致するわけですね。

●報道機関が当ブログを誹謗中傷
さて、この掲示板の書き込みで監視委員長が腹が立つのは、撮影状況も何も分からないのに「非常識な行為ですね」と一方的に決めつけていることです。自分が車を運転しながら写真が撮れるはずがないのですが。

相手が一般の人だったら受け流しますが、公正中立で事実を報道すべき報道機関がこういう事を書き込むことは許せませんな。fw.kochinews.co.jpは、監視委員長が撮影したことを「非常識な行為」と決めつける根拠を示していただきたい。許せない誹謗中傷です。読み返すたびにアドレナリンが沸々と湧いてきますな。

●ウソを書き込む報道関係者
1つでも書き込みが分かると、流れからその前後の書き込みも誰が書いたか分かります。#49, #51, #54も報道関係者の書き込みでしょう。

地元報道関係者は、掲示板の#49で「あそこ走った事ないの?中央分離帯の植え込みに隠れて見えないんだよ」とウソを書き込んでいます*1。これについて、当ブログの写真を見てみろと反論され、十分に見通せる状況が証明されて論破されたようです。

*1:それにしても、報道関係者がウソを平気で書くようでは、でっち上げ報道をやりかねません。fw.kochinews.co.jpは大丈夫でしょうかね?ウソを事実のようにでっち上げるって、どこかの組織と同じじゃないですか?類は友を呼ぶってことですかね?

●報道機関としての姿勢に疑問符
一番呆れるのは「腕が上でも止まれないような道路のふさぎ方をしたバスがいかんと思いますね」と書き込んでいる点です。つまり、本当に60km/hで走っていれば一般の人でも余裕で停止できる状況で、優秀な運転技術を持つ白バイ隊員が停止できなくても「バスが悪い」と言っているわけですからお話になりません。

普通の人なら「誰でも止まれる状況なのに、なぜ白バイが止まれなかったのか?」と疑問を持つはずです。ところが、この報道関係者は最初から「何が何でもバスが悪い」というスタンスですね。論理性も根拠もなにもあったものではありません。それどころか、普通の人が抱く警察側への疑問を躍起になって否定し回っているのです。なぜ、報道関係者がそこまでして警察に肩入れする必要があるのでしょうか?

そういえば、高松高裁判決後の記者会見で、片岡さんを犯人視して反省していないことを糾弾する調子で質問した地元紙の記者がいたという話を聞きました。掲示板の書き込みとの関連性は分かりませんが、妙に類似性を感じます。まさか同一人物じゃないでしょうね?

一般的に報道関係者が被告を怪しいとにらむのはありえることです。しかし、報道機関が先入観を持ちすぎて誤った内容を報道して人権を侵害した大失態があります。松本サリン事件の第一発見者を犯人だと決めつけた事件ですね。最低限、判決が確定するまでは犯人視できないし、そもそも報道関係者に被告個人を糾弾する権利があるはずがない*2のです。

*2:報道するつもりがない地元報道機関は、何のために記者会見やら取材に来ているのでしょうかね?単なる個人的興味ですかね?前記事の県議会での坂本議員の質問も、地元マスコミがガン首揃えて取材に来ておりながら、なにひとつ報道していないのですね。

●見識どころか不信感を裏付け
地元マスコミ各社が白バイ事故を取り上げないのは見識ではなく、利害関係がある権力機関に配慮して報道を自粛していたようです。とりわけ、この地元報道機関は見識どころか、匿名掲示板を利用して裏では警察への支援に精を出していた*3わけですから極めて異常な事態です。

警察や司法当局と同様、報道機関はその立場から、ことさら中立性が求められます。ところが某報道機関の常軌を逸した行為はあきれるを通り越して怒りさえ感じます。たった一つのことですべてが信じられなくなるのです。

*3:被告側を応援する方々は、以前から地元のマスコミ各社に不信感を持っていたようですが、それが裏付けられた格好ですね。また、http://blogs.dion.ne.jp/publog/archives/6669526.html#comments←このブログでは「今回別の意味で注目は、裁判官と冤罪応援団の地元マスコミ(高知新聞と高知放送)。何を隠しているのか?あるいは、隠滅したのか?」と早い段階から疑惑の目を向けていた鋭い方もいます。やはり疑惑は事実だった....ということですかな

●地元報道機関が警察を裏で支援する理由は?
県外マスコミは揃って警察の捏造を疑っていますが、地元報道機関は正反対のことをやっているのです。この正反対の対応を見ると、地元報道機関(組織か個人)と県警との間に何らかの利害関係*4があるのだろうと疑われて仕方ないでしょう。報道自粛どころか、ネット上で裏工作してまで警察を支援するのは、どう考えてもまともではないからです。

やっぱり、権力側から報道機関に圧力がかかるようです。権力側から情報をもらえなくなったり、協力してもらえなくなるとメシのタネを失うからでしょう。広告収入に依存する雑誌がスポンサーの事を悪く書けないのと同じ利害関係があり、それが営利企業である地元マスコミがどうしても抜け出せない“しがらみ”なのです。

*4:このブログで富山冤罪事件の項に「地元メディアは県警、自治体役員、裁判所の批判記事は書けないらしい」と書かれています。
http://blogs.dion.ne.jp/publog/archives/6530082.html#comments

どの地方にもこのような事情があるので、権力側と利害関係がある地元メディアより、変な“しがらみ”がない県外メディアの方が信頼がおけると言っていいでしょう。それにしても、報道機関が真実を伝えないどころか、警察を支援するような裏工作に走るのはあきらかに異常なことです。ここら辺に大きな闇がありそうな気がします。


●今度は自らが説明責任を果たす番
しかし、この地元報道機関は、過去に県警捜査費不正支出疑惑に切り込んだマスコミらしい姿勢を見せています。そのような信頼できる姿勢は、どこへ行ったのでしょうか?県警捜査費不正支出疑惑に切り込んだのはポーズだったのでしょうか?いや、本部長が知事を脅すようなことを言う組織です。県警と対立した後で、ひどい目に遭って懲りた地元報道機関が県警支援に成り下がったという見方もあります。あるいは貸し借りを精算するつもりなのでしょうか?

いずれにせよ、この報道機関は政治家やら企業の不祥事に対して「説明責任がある」とごリッパなことを言ってきました。この報道機関のごリッパなご高説も、こういう事実を目の当たりにしたら、とても読めたものではありませんな。今回の胡散臭い行為について、今度は自らの説明責任を果たすべき番*5です。当ブログのアクセスの事実関係についてメールで問い合わせていますが、拘置新聞社は無視し続けています。県警から教えてもらったのか、無視し続けたらヤバイ事実が事実でなくなると思っているのでしょうね。

*5:ついでに横滑り説を立ち上げた経緯も説明していただきたいものですな。

さて、諸賢はこの地元報道機関の異常な工作活動をどう読み取るでしょうか?




この記事について、2件の非公開コメントをいただきました。このコメントについて記事を追加します。この2件のコメントは、いずれも報道機関を公表すべきではないかという内容でした。

1件は、某掲示板で「このブログで報道機関を公表しないのはウソだから」と思われているから公表すべきでは?というような内容でした。その掲示板を見ましたが、残念ながら警察への疑惑を否定することが目的のようです。その書き込み内容から見て事実を書いたからといって信じるとは思えません。従って、無責任な掲示板の書き込みのために公表すべきとは思いません。

もう1件は、読み手は知る権利があり、事実を公表しないのは逆に「隠ぺい」とも考えられるし、有益な情報の公表が大衆の利益になるのでは?という手厳しい批判でした。もちろん「隠ぺい」するつもりはなく、その報道機関への攻撃が目的ではないので公表を控えてきました。

しかし、この批判については考えさせられるものがあります。当方はマスコミではありませんから公表を義務とは思っていませんでした。しかし、インターネット時代になって個人が情報を発信する時代ですから、違法性がない限り大衆の利益について考えるべきかもしれません。この観点からのご意見に心を動かされましたので思い直して公表することにします。

ログ公開画面


もちろん、高知新聞社が黒幕だと言い切るつもりはありません。しかし、横滑り説を提唱していた高知新聞が警察を擁護していたことで、横滑り説の本当の目的が疑われてくるのです。

また、黒幕とは関係なく、事故の当事者である警察が有利になるような掲示板への書き込みは、中立でなければならない報道機関の信頼性を揺るがす行為です。これは批判されて当然のことです。高知新聞社は、不祥事を起こした会社に求めてきたように、自社の説明責任を果たしていただきたいと思います。

2008.06.29記事追記



関連記事
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/25-f0438b6e

3件のトラックバック

[T28] マスコミに高知白バイ事件について問い合わせしよう

問合せ先はこちら ●高知県知事へのメール chijimail@ken4.pref.kochi.lg.jp ●高知県警察へのご意見・ご要望 http://www.i-kochi.or.jp/hp/kenkei/a_mail.htm ●高知県公安委員会へのご意見・ご要望 kochipsc@mb.inforyoma.or.jp ●高知新聞ホームページ

[T32] 高知新聞 「証言を黙殺」。とうとうやってしまった。

高知新聞がやってしまったようだ。 最後の高知新聞取材 その2  取材に来た「管理職」が驚いたことがある。その話しを聞いたとき私も驚いた。  「事故の瞬間を目撃した人もいるんですよ。 その人はバスの反対側から事故の瞬間を目撃しているんですよ!」  そ...

[T45] きっこのブログ「お知らせ」 12月1日(月)の夜7時のテレビ朝日の「報道発 ドキュメンタリ宣言」を紹介

きっこのブログのエントリー「 2008.11.30 お知らせ」で12月1日(月)の夜7時のテレビ朝日の「報道発 ドキュメンタリ宣言」を紹介しています。 「きっこのブログ」はこちら↓ きっこのブログ 「お知らせ」 番組紹介はこちら↓ 「何のために刑務所に入るの

2件のコメント

[C55]

私は、何度か高知新聞に、この事件の不可解さを電話したものですが、スリップ痕は大勢の一般人がいるところで、捏造することは不可能とか、現地で実況見分せず、当事者を別のところですることはあるとか(私も簡単な事故で駐在署でしたこともありましたが、駐在署の警察員が動けない状態だったので、簡単な事故でしたので現地には行かずに現場検証したわけです。現場は駐在署の警官が十分熟知している場所です)。しかし、今回の事件は、わざわざ、現場から離して、目撃証言もしているのです。
それをなんとも思わないのか。むしろスリップ痕のことも知っていて警察に加担しているように思われます。
  • 2008-06-21
  • 名無し委員さん
  • URL
  • 編集

[C56] 記事の中立性は?

民事和解の記事でよく分かります。朝日新聞は訴状を「死亡させたとしていて~」と客観的な表現です。警察支援団新聞は、「国道に右折進入する途中で」と警察の言い分をそのまま載せています。
記事の比較→http://c3plamo.slyip.com/blog/index.html
ここら辺に報道の中立性があるかないかが見て取れます。また、遺族側のコメントを載せたり、さりげない印象操作もありますし。こういう点からも、個人的な意見の表明ではなく、組織的な工作活動だろうと見ています。
  • 2008-06-23
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

国民が司法を審判しよう

バナーS

プロフィール

監視委員長

Author:監視委員長
職業:元自動車メーカー社員で、バイクや自動車の取り扱いや技術に詳しいらしい
資格:自動車整備士資格があるらしい
趣味:写真を撮るのが得意らしい
特技:若い頃にバイクのレースに出てたらしい

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。