Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/5-b240ad2d

-件のトラックバック

-件のコメント

[C4] すみません

勝手に私の記事中にリンク張らせていただきました。

この記事内容非常に解りやすくすっきりしました。
  • 2008-01-30
  • i_2_me
  • URL
  • 編集

[C8] コメントありがとうございます

i_2_meさん:
リンクフリーですので、ご自由にリンクを張ってください。

他の「管理人のみ閲覧」の件は、どう答えてよいやら迷います。
当たり障りのない答えですと、衝突時の体勢については警察の分析と一致していますので、さらに詳しい分析は今のところ考えていません。もちろん、必要があれば検討しますが。
公開をお望みでない場合は、「管理人のみ閲覧」でメルアドをお知らせいただければメールで回答します。しかし、差し障りが無ければ、公開で書き込んでいただいた方が望ましいと思います。
  • 2008-02-01
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

不自然な衝突地点-2

白バイの衝突地点の写真を見て、疑問に思える点がいくつかあります。
事故現場の写真で、白バイが倒れている写真があります。それを見ると、衝突で壊れた部品などが周囲に散乱しています。ところが、部品の散乱状況をよく見ると、おかしな点に気が付きます。

●サイドボックス収納物の飛散状態
まず、バイクの右側面あたりになにやら茶色っぽい物(1)が落ちています。写真を拡大して見るとどうやら分厚い本とファイルのような物です。白バイが積んでいた資料類のようです。資料類はサイドボックスに収納しているはずです。おそらく、衝突の衝撃でサイドボックスのリッドが開いて飛び出したのでしょう。

しかし、この資料類の横には脱落したフロントフェンダー(2)が落ちています。衝突した白バイが3メートル引きずられたとすれば、資料類は4メートルほど飛んできたことになります。そして、そこにちょうど3メートル引きずられた白バイが来たのでしょうか?

さらに、サイドボックスに収納していたと思われる物が白バイの右側に出ています。これらが3~4メートルも飛んできたなら、もっと広い範囲に散乱するはずです。収納物が、白バイ右側の狭い範囲にあるのは、写真の状態でサイドボックスから飛び出したと見るのが自然でしょう。

散乱部品の状況

●バス前方の小さな破片
小さな白っぽい破片がバス前方に散らばっています。衝突で割れたヘッドライトの破片らしきパーツが飛び散ったものと思われます。この破片の散乱状況を見ると、バスが3メートル手前で衝突したとすれば、実に4~5メートルも飛んできたことになります。

最近は、自動車もバイクもヘッドライトのレンズにはポリカーボネイトという樹脂材が使われています。これは樹脂材ですから、ガラスよりはるかに軽い材質です。その軽い樹脂材の小さな破片が4~5メートルも飛ん来て、バス前方の狭い範囲内(3)に密集してパラパラと落下するのはあまりにデキすぎです。写真の状況のまま、前方1~2メートルの範囲に飛散したと見るのが自然です。


●で、衝突地点は?
交通事故の衝突現場は、必ずパーツの破片が散らばるものです。ところが、検察が主張する衝突地点(4)は?というと、ほとんど破片が落ちていませんね。え?と思うぐらいクリーンな路面です。

あえて言えば、白バイのパーツと思われる破片がバスの影の境目に1個見える程度です。カタタ裁判官は、この1個のパーツがあることを理由に挙げて「白バイが3メートル引きずられたことは不自然ではない」としています。果たして1個のパーツが有っただけで引きずられたことが自然だと言うのでしょうか?

●白バイを引きずった範囲に破片がない
別の角度で撮影した「擦過痕」の写真では、白バイを引きずったとされる「擦過痕」の周りは実にきれいなものです。

擦過痕

白バイが引きずられたついでに路面上のパーツも引きずられて移動した、と思われる方がいるでしょう。しかし、倒れた白バイは数点で接地しているだけで、全面が接地している訳ではありません。つまり、ホウキで掃いたみたいに路面上の細かなパーツ全部を掃き寄せることはないのです。

バスが白バイを敷いて3メートルも引きずったなら、必ずどこかの部品が破損するはずです。白バイの右側面にある赤色灯は、右に倒れたときレンスが割れやすい部品です。擦過痕の写真は、衝突地点であり、白バイが倒れ、引きずられたとされる場所です。この一番パーツが飛び散っていてもよさそうな場所なのに、全然パーツが散らばっていないのは極めて不自然なのです。

いったい、これらの部品の飛散状況は何を物語っているのでしょうか?白バイが3メートル手前で衝突し、右折レーンまで引きずった可能性を否定しているのです。つまり、右折車線内で白バイが衝突したと思わざるをえないのです。

部品の飛散状況が右折レーン内の衝突を示し、白バイの擦過痕が第2車線から引きずった痕跡を示すとはいったいどういうことでしょうか?
関連記事
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/5-b240ad2d

0件のトラックバック

2件のコメント

[C4] すみません

勝手に私の記事中にリンク張らせていただきました。

この記事内容非常に解りやすくすっきりしました。
  • 2008-01-30
  • i_2_me
  • URL
  • 編集

[C8] コメントありがとうございます

i_2_meさん:
リンクフリーですので、ご自由にリンクを張ってください。

他の「管理人のみ閲覧」の件は、どう答えてよいやら迷います。
当たり障りのない答えですと、衝突時の体勢については警察の分析と一致していますので、さらに詳しい分析は今のところ考えていません。もちろん、必要があれば検討しますが。
公開をお望みでない場合は、「管理人のみ閲覧」でメルアドをお知らせいただければメールで回答します。しかし、差し障りが無ければ、公開で書き込んでいただいた方が望ましいと思います。
  • 2008-02-01
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

国民が司法を審判しよう

バナーS

プロフィール

監視委員長

Author:監視委員長
職業:元自動車メーカー社員で、バイクや自動車の取り扱いや技術に詳しいらしい
資格:自動車整備士資格があるらしい
趣味:写真を撮るのが得意らしい
特技:若い頃にバイクのレースに出てたらしい

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。