Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/65-0965d3a1

-件のトラックバック

[T308] さいたま地検よ、おまえもか。身内には「推定無罪」痴漢:容疑の元警官、起訴猶予

毎日 痴漢:容疑の元警官、起訴猶予 鑑定で裏付け取れず--さいたま地検  さいたま地検は4日、7月に埼玉県迷惑行為防止条例違反(痴漢)容疑で書類送検された元県警捜査1課巡査部長の男性(34)=依願退職=を起訴猶予処分とした。  送検容疑は4月14日...

[T309] また不起訴にするか「さいたま地検」。下着ドロ逮捕。埼玉県警。

>同容疑者は5日午後、札幌駅から乗車した。「ムラムラしていた」などと話しているという。逮捕当初はコンビニ店員と身分を偽っていた。 北海道から富山まで、またにかけるなよ・・・。 時事ドットコム 寝台列車で下着ドロ失敗=埼玉県警警部補を逮捕-富山 ...

-件のコメント

[C330] ずっと不思議に

思っていたのですが、
白バイや覆面での速度計測の信頼度について
どのように保証されているんだろうかと・・・。

何かで読んだ記憶しかないのですが、
何メートルか(あるいは何秒間か)同速追尾して計測しなければならない、
とかいうようなマニュアルがあるとのこと。

つまり、瞬間最大速度で取り締まってはいけない、
巡航速度の超過が取り締まりの対象となる、
という主旨だと思います。

で、この手続きが正当に行われたという信頼はどこから来るのか、
今回の事件で露呈したのは
「ケイサツカンウソツカナイ」
という信仰を根拠にしたものであって、
客観的に担保する制度なり仕組みはなかった、
ということだ。

その気になればやり放題。
計器より本人の感覚が優先。

裁判も基本的に、この
「ケイサツカンウソツカナイ」
をベースとして成り立っていることを考えると、
基礎信仰に疑義を発生させたこの捏造警官の
功績は大きい。

  • 2009-09-05
  • ひげおやじ
  • URL
  • 編集

[C331] アメリカなら即訴訟ですよ

>>330 ひげおやじ様
白バイの追尾方法にはルールがあるはずですが、それが正しく守られたか
客観的な証拠が必要だと思います。特に白バイは急加速ができますから、
瞬時に20~30km/hオーバーぐらいのスピードが出せます。

人権大国のアメリカでこんないい加減な取り締まりをやったら、一発で訴訟を
起こされて警察が敗訴します。アメリカでの交通違反の取り締まりは、速度が
インポーズされた動画を撮影するそうです。この動画が客観的な証拠となりま
すから、訴訟になってももめることは少ないと思います。

日本人はおとなしいから訴訟しないし、訴訟になっても上から目線の裁判官
ばかりでは、逆に「反省していない」と不当な言いがかりを付けられて罪が重く
されかねません。

裁判官が公正な目を持っていれば、客観的な証拠が必要になるはずですが、
残念ながら今の司法は「ケイサツカンウソツカナイ」 がデフォルトですから、
市民はどうしようもないですね。せいぜいドライブレコーダーを装備して身を守る
しかないでしょう。

[C332]

まさにそのでっち上げの被害者さんみたいですね。
よく見つけました、というかそういう記事を探すことに気づいたのが凄いですね。

私は片岡さん事件を知ってからドライブレコーダをつけています。
速度記録もほぼ正確に残るので冤罪の場合は補助的とは言え、強力な証拠になるかも・・・。
また前方で警察車両が違反したのを見つけたら記録ボタンを押せば映像を残すこともできるので、別の意味でも使えますよ。

[C333] ドライブレコーダーの役目

>>332 kochiudonさま
被害者さんらしき情報は掲示板で見つけました。掲示板は時々思わぬ
ヒントが書き込まれることがありますね。

ドライブレコーダーは車速が記録されるものがベストですね。でも
車速信号を入れると取り付けがやっかいだし、高価になりますよね。
なかなか買えません。

最近はカメラを利用したナビが増えています。中には、前後左右に4つ
のカメラを備えた4カメ車も登場しています。ナビとドライブレコーダー
の機能が統合されたら使い勝手がいいと思いますが、国産メーカーでは
まだ実現していないようです。

ドライブレコーダーは警察の違反を捉えるのに最適ですね。私は
デジカメを車に積んでチャンスを狙っています。でもなかなか(笑)

[C337] これは明らかな交通違反者ですね

白バイやパトカーには、「公安委員会指定除外車両」という許可が与えられています。しかし、あくまでも公安委員会が標識などで規制を行っている場所に対して有効なもので、法定禁止場所では通用しません。速度の指定ならば、例えば40㌔の指定なら標識で指定しているわけです。
ところが、その指定から除外の許可を受けている白バイやパトカーは、緊急走行ではなくても一般道の法定速度、60㌔までなら出してもお咎めを受けない事になっています。
では何故速度違反車を追いかける時に無謀と言えるくらいの速度を出せるのか?それは「速度違反車を早く止めなくては危険だから」という、超法規的な解釈だからできるのです。
しかし、本件のように、「止めなくてはならない危険な車両」もおらず、自分本位で速度を上げた白バイは明らかな交通違反車両です。速度を出した理由も本人が認めているわけですから、「捜査中だった」なんてお得意の言い訳も通じません。捏造した記録を元に、速度超過として通告書を作成し、彼には反則金の納付と行政処分点数を科してもらわなければなりません。
白バイが速度測定を行う時には、必ず赤色灯が点燈する機構になっています。仮に「赤灯が点燈していたから緊急自動車だ」と言っても、サイレンを吹鳴してなければ緊急自動車にはなりませんし、第一、緊急走行する理由すらなかった訳ですから。
さて、警視庁はちゃんとこの「困った警察官」に違反キップを切るでしょうかね。
  • 2009-09-14
  • キット
  • URL
  • 編集

[C338] 本当に処分されたか?

>>337 キット様
ご指摘のように、違反車を追いかけるのではなく、違反をでっち上げるためだから一般走行ですよね。

>白バイが速度測定を行う時には、必ず赤色灯が点燈する機構になっています
お詳しいですね。ハンドル右スイッチ(白バイ専用スイッチ)は、1段目で回転式警光灯が点灯/回転してから2段目でメーターを止めます(3段目はサイレン吹鳴)。警光灯を点灯させても、違反車の速度計測ではないから白バイは一般走行です。

一般走行中に32km/hオーバーでメーターを止めたら、そりゃ白バイがスピード違反した証明ですよねぇ(笑)

報道記事に「道路交通法違反の疑い」と書いていますが、本当に処分されたかどうか疑わしいものです。身内への処分が本当になされたか追跡する必要があるかも知れません。

[C339] 政権交代です

監視委員長殿。

政権交代になった事ですし、新政権から警察庁に、本件の顛末について国会で答弁を求めるようにプッシュする方法がいいかもしれません。

三権分立の原則に守られている司法関係行政は、警察も同様に扱われ、例え総理大臣でも警察行政に主観で命令を下す事はできません。
しかし、監査や質問、またそれらの機関の任務や義務についての「立法」はできます。
ここは政権交代の勢いに乗って、悪しき体質や隠れ蓑をむしり取ってやるのも「未来の警察」を造る事に役立つかもしれません。 (笑)
  • 2009-09-15
  • キット
  • URL
  • 編集

[C350] 警察・検察・司法の抜本改革を

>>339 キット様
おっしゃるとおり警察・検察・司法改革は絶対に必要ですよね。新しい政権が新しい価値観で取り組んで欲しいものです。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

不祥事警察24時(1)

やっぱりというか、白バイが違反事実をねつ造していた事件が明るみに出ました。この事件は、警察が捏造するはずがないというのは誤りで、警察が事実をねつ造しても不思議はないということを示してくれました。

●白バイ隊員が違反切符を捏造
なんとも象徴的で悪質な捏造犯罪が発覚しました。
白バイ隊員、スピード違反の記録ねつ造で書類送検
人事1課の調べによると、巡査部長は5月10日午後1時ごろ、東京都板橋区の環状7号線で、30代の男性が運転する大型バイクを追尾してスピード違反を取り締まった際、白バイの計測記録では二十数キロの速度超過だったにもかかわらず、三十数キロの超過として虚偽の交通切符を作成した疑いが持たれている。
人事1課によると、巡査部長は男性のバイクを停止させ「違反の現場を確認してくる」と告げた後、実際に三十数キロの超過で白バイを再走行し、計測記録を捏造(ねつぞう)していた。「(計測前に)少なくとも四十キロ以上は超過していたと感じ、記録より速い速度で取り締まる必要があると思った」などと話しているという。


やはり「警察はありえない事実を捏造することがある」という現実を認識させてくれた事件です。白バイ隊員が最初に止めたメーターは21km/hオーバー。でも違反速度が足りないといって、そこらを違法な速度で走ってきて32km/hオーバーにしてメータを止め、赤切符を切ったというから絶句ものです。当然白バイはスピード違反ですね。赤切符がブーメランのように戻ってきたのです。Look at Zamaざんす(爆笑)

追跡白バイ
白バイの速度違反は、取り締まる車と同じ速度で追尾しなければなりませんが、接近するための加速中にメーターを止めたら実際より速い速度が計測されます。24km/hオーバーか26km/hオーバーかでは、天国と地獄ほどの差がありますが、計測精度が実にいい加減だという問題もあります。メーターを止める前後数十秒間の走行記録を記録しないと正確な取り締まりにはなりません。

この捏造白バイ隊員の「四十キロ以上は超過していたと感じ、記録より速い速度で取り締まる必要があると思った」という言い分は注目です。つまり白バイ隊員が目測した速度が白バイのメーターより正しいと感じ、自分の感覚に事実を合わせようと捏造したという訳ですね。この言い分は実に象徴的です。このような「自分の目測速度が事実より正しいんだ」みたいな白バイ隊員の証言はどこかで聞きましたよ(笑)

この事件は白バイのスピード違反という違反行為だけではありません。切符の捏造は虚偽有印公文書作成・同行使という犯罪行為なのです。警官の公権力を利用した犯罪行為にもかかわらず停職6か月という大甘な処分で自己都合退職だそうです。これでは税金で退職金が払われますな。でっち上げ検挙で反則金を巻き上げようとした犯罪者に税金で退職金を払うのは悪い冗談でしょう。

ところで、この事件の被害者の方は、どうもここに書き込まれていたようです。日時も状況も報道された内容に符号します。ここでアドバイスされた方が「この話が本当ならば、社会的な問題にまで発展します」と言ったとおりになりましたね。

●権力犯罪の重罰化で再発防止を
それにしても、堂々と捏造行為を行うことにあ然とします。高知地裁の判決で「衆目の中で捏造ができるはずがない」と決めつけた不当さがよくわかります。バレないと思ったら、どこでもねつ造工作をして平気でウソをつくということです。警察官とは、決して正義のために働かず、ウソをついたり捏造し、都合が悪いことを隠ぺいしたがる職業人と思っていいでしょう。極悪人集団とまでは言いませんが、少なくとも正直で善良な人間の組織ではないと言い切れます。

この事件は事実を公表した姿勢だけは評価できます。まずまずの正直な公表によって警視庁の組織的な捏造ではないことが分かります。ただし、厳しいノルマがあってそれを達成するために捏造したら大問題です。本部長が「今月の赤切符検挙目標100人!」なんて現場の警官の尻を叩いていませんかね?

いずれにせよ、高知県警のように隠ぺいする田舎組織が依然として多いでしょうから、事実が知れ渡るのは氷山の一角のはずです。前の記事に書きましたが、本気で再発防止するには、捏造や隠ぺい工作を見過ごした者は共犯者として重罰化すべきです。こういう法律を与党民主党に作って欲しいと願っています。

●裁判官国民審査投票
先の衆院選の裁判官国民審査投票の結果が出ています。
もう一つの投票 4  国民審査投票結果
残念ながら×を付けられたのは6~7%台でした。10%を越えることを期待していましたが、残念な結果でした。

結果は結果として、×を付けない白紙は信任だという戦前の日本や途上国の選挙並みの儀式みたいな審査方法はいかがなものだろうか?これでは罷免が成立することはないでしょう。少なくとも、×が不信任、○が信任、白紙を無効票としないと本当の国民の意思が見えてきません。これも新政権に考えてもらいたいものです。

関連記事
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/65-0965d3a1

2件のトラックバック

[T308] さいたま地検よ、おまえもか。身内には「推定無罪」痴漢:容疑の元警官、起訴猶予

毎日 痴漢:容疑の元警官、起訴猶予 鑑定で裏付け取れず--さいたま地検  さいたま地検は4日、7月に埼玉県迷惑行為防止条例違反(痴漢)容疑で書類送検された元県警捜査1課巡査部長の男性(34)=依願退職=を起訴猶予処分とした。  送検容疑は4月14日...

[T309] また不起訴にするか「さいたま地検」。下着ドロ逮捕。埼玉県警。

>同容疑者は5日午後、札幌駅から乗車した。「ムラムラしていた」などと話しているという。逮捕当初はコンビニ店員と身分を偽っていた。 北海道から富山まで、またにかけるなよ・・・。 時事ドットコム 寝台列車で下着ドロ失敗=埼玉県警警部補を逮捕-富山 ...

8件のコメント

[C330] ずっと不思議に

思っていたのですが、
白バイや覆面での速度計測の信頼度について
どのように保証されているんだろうかと・・・。

何かで読んだ記憶しかないのですが、
何メートルか(あるいは何秒間か)同速追尾して計測しなければならない、
とかいうようなマニュアルがあるとのこと。

つまり、瞬間最大速度で取り締まってはいけない、
巡航速度の超過が取り締まりの対象となる、
という主旨だと思います。

で、この手続きが正当に行われたという信頼はどこから来るのか、
今回の事件で露呈したのは
「ケイサツカンウソツカナイ」
という信仰を根拠にしたものであって、
客観的に担保する制度なり仕組みはなかった、
ということだ。

その気になればやり放題。
計器より本人の感覚が優先。

裁判も基本的に、この
「ケイサツカンウソツカナイ」
をベースとして成り立っていることを考えると、
基礎信仰に疑義を発生させたこの捏造警官の
功績は大きい。

  • 2009-09-05
  • ひげおやじ
  • URL
  • 編集

[C331] アメリカなら即訴訟ですよ

>>330 ひげおやじ様
白バイの追尾方法にはルールがあるはずですが、それが正しく守られたか
客観的な証拠が必要だと思います。特に白バイは急加速ができますから、
瞬時に20~30km/hオーバーぐらいのスピードが出せます。

人権大国のアメリカでこんないい加減な取り締まりをやったら、一発で訴訟を
起こされて警察が敗訴します。アメリカでの交通違反の取り締まりは、速度が
インポーズされた動画を撮影するそうです。この動画が客観的な証拠となりま
すから、訴訟になってももめることは少ないと思います。

日本人はおとなしいから訴訟しないし、訴訟になっても上から目線の裁判官
ばかりでは、逆に「反省していない」と不当な言いがかりを付けられて罪が重く
されかねません。

裁判官が公正な目を持っていれば、客観的な証拠が必要になるはずですが、
残念ながら今の司法は「ケイサツカンウソツカナイ」 がデフォルトですから、
市民はどうしようもないですね。せいぜいドライブレコーダーを装備して身を守る
しかないでしょう。

[C332]

まさにそのでっち上げの被害者さんみたいですね。
よく見つけました、というかそういう記事を探すことに気づいたのが凄いですね。

私は片岡さん事件を知ってからドライブレコーダをつけています。
速度記録もほぼ正確に残るので冤罪の場合は補助的とは言え、強力な証拠になるかも・・・。
また前方で警察車両が違反したのを見つけたら記録ボタンを押せば映像を残すこともできるので、別の意味でも使えますよ。

[C333] ドライブレコーダーの役目

>>332 kochiudonさま
被害者さんらしき情報は掲示板で見つけました。掲示板は時々思わぬ
ヒントが書き込まれることがありますね。

ドライブレコーダーは車速が記録されるものがベストですね。でも
車速信号を入れると取り付けがやっかいだし、高価になりますよね。
なかなか買えません。

最近はカメラを利用したナビが増えています。中には、前後左右に4つ
のカメラを備えた4カメ車も登場しています。ナビとドライブレコーダー
の機能が統合されたら使い勝手がいいと思いますが、国産メーカーでは
まだ実現していないようです。

ドライブレコーダーは警察の違反を捉えるのに最適ですね。私は
デジカメを車に積んでチャンスを狙っています。でもなかなか(笑)

[C337] これは明らかな交通違反者ですね

白バイやパトカーには、「公安委員会指定除外車両」という許可が与えられています。しかし、あくまでも公安委員会が標識などで規制を行っている場所に対して有効なもので、法定禁止場所では通用しません。速度の指定ならば、例えば40㌔の指定なら標識で指定しているわけです。
ところが、その指定から除外の許可を受けている白バイやパトカーは、緊急走行ではなくても一般道の法定速度、60㌔までなら出してもお咎めを受けない事になっています。
では何故速度違反車を追いかける時に無謀と言えるくらいの速度を出せるのか?それは「速度違反車を早く止めなくては危険だから」という、超法規的な解釈だからできるのです。
しかし、本件のように、「止めなくてはならない危険な車両」もおらず、自分本位で速度を上げた白バイは明らかな交通違反車両です。速度を出した理由も本人が認めているわけですから、「捜査中だった」なんてお得意の言い訳も通じません。捏造した記録を元に、速度超過として通告書を作成し、彼には反則金の納付と行政処分点数を科してもらわなければなりません。
白バイが速度測定を行う時には、必ず赤色灯が点燈する機構になっています。仮に「赤灯が点燈していたから緊急自動車だ」と言っても、サイレンを吹鳴してなければ緊急自動車にはなりませんし、第一、緊急走行する理由すらなかった訳ですから。
さて、警視庁はちゃんとこの「困った警察官」に違反キップを切るでしょうかね。
  • 2009-09-14
  • キット
  • URL
  • 編集

[C338] 本当に処分されたか?

>>337 キット様
ご指摘のように、違反車を追いかけるのではなく、違反をでっち上げるためだから一般走行ですよね。

>白バイが速度測定を行う時には、必ず赤色灯が点燈する機構になっています
お詳しいですね。ハンドル右スイッチ(白バイ専用スイッチ)は、1段目で回転式警光灯が点灯/回転してから2段目でメーターを止めます(3段目はサイレン吹鳴)。警光灯を点灯させても、違反車の速度計測ではないから白バイは一般走行です。

一般走行中に32km/hオーバーでメーターを止めたら、そりゃ白バイがスピード違反した証明ですよねぇ(笑)

報道記事に「道路交通法違反の疑い」と書いていますが、本当に処分されたかどうか疑わしいものです。身内への処分が本当になされたか追跡する必要があるかも知れません。

[C339] 政権交代です

監視委員長殿。

政権交代になった事ですし、新政権から警察庁に、本件の顛末について国会で答弁を求めるようにプッシュする方法がいいかもしれません。

三権分立の原則に守られている司法関係行政は、警察も同様に扱われ、例え総理大臣でも警察行政に主観で命令を下す事はできません。
しかし、監査や質問、またそれらの機関の任務や義務についての「立法」はできます。
ここは政権交代の勢いに乗って、悪しき体質や隠れ蓑をむしり取ってやるのも「未来の警察」を造る事に役立つかもしれません。 (笑)
  • 2009-09-15
  • キット
  • URL
  • 編集

[C350] 警察・検察・司法の抜本改革を

>>339 キット様
おっしゃるとおり警察・検察・司法改革は絶対に必要ですよね。新しい政権が新しい価値観で取り組んで欲しいものです。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

国民が司法を審判しよう

バナーS

プロフィール

監視委員長

Author:監視委員長
職業:元自動車メーカー社員で、バイクや自動車の取り扱いや技術に詳しいらしい
資格:自動車整備士資格があるらしい
趣味:写真を撮るのが得意らしい
特技:若い頃にバイクのレースに出てたらしい

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。