Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/94-ba2f6aaa

-件のトラックバック

-件のコメント

[C560]

こんばんわ。

その場しのぎの嘘だったんですね。裁判官ってバカですねえ。バカでも勤まるんですね。…。orz
  • 2010-07-24
  • 鉄馬
  • URL
  • 編集

[C561]

鉄馬様 コメントありがとうございます。

警察はこの件で調書を取っていますが、その内容が問題だらけなんですねぇ。

裁判官なんて技術的に全く分からないので、警察の言い分を鵜呑みにして思考停止する習性(バカということ)があるようです。
  • 2010-07-24
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

[C562]

うむぅ・・ 流石でこざりまする。

 さっそく (3時間ほど前)にTwitterでこの記事を周知させていただきました。

 その呟きをRTしてくれた6名中4名の方が『お初』の方というありがたい反応を頂きました。おかげで、また少し輪が広がったと思います。

 表では救援会との連携?が始まりましたが、どの様な形になるのか? 全く先が読めません。

 ネットはネットでこういう形で情報の共有が大切と思います。可能な限り手持資料の公開にはご協力させてください

  • 2010-07-26
  • lm767
  • URL
  • 編集

[C563]

この証拠も決定的だし、すでに世間に嘘と知られていて、
高知県警の警察官ひとりひとりも何が嘘でなにが真実か
知っているが、サラリーマンとして勤めている以上黙って
いることが我が生活が壊れない方法であると割り切って
います。まあ気持ちはわからないでもないですが。でも
彼らは罪無き県民を実刑にまではしないと思っていた者が
多かったようで、実刑となって驚いたというのがホンネ。
でも自分と家族の生活を棒にふってまで告発する勇気が
ないのも現実・・・・・。
自分達が同罪であることを理解していながらも認めたく
ないし、知らないフリをするのが精一杯なんですよね。
 

[C565]

udon様

 県警もポチのマスコミも誰一人として片岡さんが実刑とはおもってもなかったtでしょう。

 高裁判決直前の高知新聞も、県警関係者の言葉を借りて、『実刑は重過ぎる」と書いてます。

 http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/24935695.html
  • 2010-07-27
  • lm767
  • URL
  • 編集

[C566]

>>562 lm767様
Twitterで紹介ありがとうございます。最近少しお客さんが増えたように思います。とくにfw.kochinews.co.jp (210.158.184.61)のアクセスが目立ちます。最初は選挙報道を批判した記事に反応していましたが、どうやらABS作動領域の記事にも強く反応しているようです。今日(7/29)も4回の足跡が残っていました。

LMさんやudonさんのブログから飛んでくるのは分かりますが、アニメの世界から何度も飛んでくるのに笑ってしまいます。アニメの住人は自分で何かを創造するのではなく、人の書いたことをネタにして妄想しているだけですが、何か新聞記事の参考になると思っているのでしょうか?それともアニメ趣味な記者なんでしょうか(笑)

ともかく、たまにアニメの世界から飛んで来るのはfw.kochinews.co.jpだけという異様さです。せめて普通の人が飛んできて欲しいのですけどねぇ。あそこじゃ無理か。
  • 2010-07-29
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

[C567]

>>563 kochiudon様
>>565 lm767様
まとめて失礼します。
fw.kochinews.co.jpはアクセス分析から大きく動揺している様子が伺えます。ヒステリーですね(笑)

犯罪を知っていて知らんぷりするのは共犯者です。事実が明るみに出れば、県警関係者だけでなく報道関係者も事実を知っていたか追及されるかもしれません。

想像ですが、県警は片岡さんに非を認めさせるために記憶が薄れた頃に捏造証拠を出してきたのでしょう。片岡さんが事実と異なる証拠を突き付けられて非を認めれば執行猶予が付くし、死亡した身内も賠償金を取れるし万事目出度し。というストーリーを描いていたはずです。

初めてや思いつきでやった捏造ではないでしょう。恐らく何度も使ってきた手口のはずです。片岡さんが意義を唱えて騒ぎになり、怪しげな証拠が発覚した事が大誤算でしたけどね。まあ、捏造の事実が明るみに出れば、誰が犯罪者かわかりますよ。
  • 2010-07-29
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

[C568] 「後輪のブレーキ痕」を忘れそうです

こんばんわ。
わかりやすい図なので、多くのひとの理解を助けると思います。

ところで、「後輪のブレーキ痕」の指摘は裁判の中で出て来たでしょうか。(最高裁へ提出した資料の中も)
スイマセン、すっかり記憶が飛んでまして。

何回かの実車実験で後輪の方に長いのがつくのが記録されていることから、上図の「ヒステリシス領域」が前輪と比べて狭く設定しているのかなと考えているんですが、どうでしょうか。

具体的にはABSがOFFになる5km/hが6kmとかに設定されていて、その結果、前輪より「早めに、長めに」ブレーキ痕が付くのかなということを考えてみたんですが。

見当はずれで、まったく違う理由かも知れませんね。その時は笑ってやってください。
それはそれとして、「後輪のブレーキ痕」がややもすると忘れがちになるので、いい機会でしたので取り上げてみました。

[C569]

hal様

下に石川鑑定人の解析講演会の一部を掲載します。

急ブレーキをかけると、
バス前部は沈みこみ、前輪に大きな加重がくわわり、そのためロックしたタイヤが少し回転してしまいブレーキ痕は短くなり、
バス後部は逆に浮き上がる感じになって、後輪には加重はくわわらないので、後輪はしっかりロックされて しっかりブレーキ痕がつくということでしょうか?
↓↓↓
http://www34.atwiki.jp/madmax_2007/pages/525.html
3、(01:49-03:13)通常は後輪が濃い筈の"ブレーキ痕"
で、先程のTVの中で、私が説明してるんですけれども、通常ですね、前輪の痕跡よりかは後輪の方が濃く付くんですね それ、何故そうなるかという事を簡単にお話しをしますと、車に乗ってましてブレーキを掛けますと、前が沈みます これ「ノーズダイブ現象」と言うんですけど、前が沈む現象が起きます これ、必ず起きるんですね 加速すると前が浮上がります で、ブレーキを踏むという事は、車輪の回転が止まる訳ですね 車輪の回転を止める訳です それによって、その車が止まるんですけれども、回転が止まったとしても、前が下がりますから、車輪は下に圧し付けられます、路面に圧し付けられます そうすると、路面との摩擦で、自分は止まっとこうと思っても、回り出す訳ですね 極端に回るんじゃ無くて、回り気味になる 所が後ろの方は、浮き気味ですから、ロックしたまま・・・回転止めたまま、路面を擦るんですね ですから後ろの方が濃くなるんです
※参考・・・「アンチロック・ブレーキ・システム」
  • 2010-07-31
  • (・ω・)
  • URL
  • 編集

[C571]

hal様

裁判の中で後輪ブレーキ痕を指摘したかはちと不明です。LMさんが詳しいのでは?

証拠写真に後輪ブレーキ痕がなかった、というのも検証結果(前輪よりはっきりついた)と食い違いますね。警察の主張どおりABSがカットされると通常ブレーキになり、急ブレーキ時の重心移動によって後輪がロックしやすくなります。
>>569で(・ω・)様が説明されているとおりの現象です。また、以前に後輪スリップ痕の不自然さを指摘しています。
http://r110.blog31.fc2.com/blog-entry-8.html「後輪のスリップ痕が無い不思議」

このバスは、リヤエンジンマウントで後輪軸重が大きく、乗用車より後輪制動力の依存度が高いと思われます。それが何も痕跡が無かったというのは不自然すぎますね。後輪ブレーキ痕が無かったというのは、バスが停止していた証明のようなものです。後輪のスリップ痕についても再審請求に含めるべきだと思います。
  • 2010-08-01
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

[C572] 再審でメーカの証拠・証言を出したい

>後輪のスリップ痕についても再審請求に含めるべきだと思います。

同意です。
急ブレーキを掛けて止まったと認定され、その証拠が写真に写ってるだけの路面の痕跡だとして、有罪が確定したわけです。だれも見ていない痕跡が印画紙にあるというだけで有罪となったわけですね。

で、他の冤罪事件で無罪となった事例を調べると、やはり有罪となった証拠そのものを覆しており、この事件でも同じだと考えています。ブレたり他の証拠を加えたりして、焦点をミスミスぼかすことは回避したいと思います。

警察・検察はネガ開示を頑なに拒否しており、最高裁も逃げてる裁判状況があり、にっちもさっちも行きません。で、これを打開するべく、後輪についてABSがどう働き、どう痕跡が付くかのメーカの証拠・証言を再審で提出すべきだと考えています。

「後輪には前輪より長い痕跡が付く、しかも車速によってその長さが違ってくる」ことをメーカ提出の証拠を元にメーカによる精緻な説明が必須です。

メーカだってABSが付いているのに停止地点から6.5m進んで、そこで急ブレーキを掛けて1.2mもスリップするバスだと決めつけられたんでは、いすゞの技術陣は黙ってはいられないハズです。そんな欠陥車だとしたら危なくて乗ってられず、全数回収してリコールの対象にしなければイケナイですからね。

[C573] ABSは切り込み隊長

>>572 hal様
>有罪となった証拠そのものを覆して
「捏造の疑いがあるからネガを出せ」と言っても出さない(出せない)し、裁判官も容易に認めないでしょう。そこで、ABSのブレーキ痕から捏造の疑いを明確にして、結果的にネガを出さないと敗訴という所まで追い込むのが王道でしょう。

メーカーの技術者なら、ABSの機能からブレーキ痕の謎を解いてくれそうな気がします。技術者によって「どうやっても付かないブレーキ痕である」と客観的に認められれば捏造の疑いが明確になります。そこから写真に写っていたブレーキ痕の検証が始まるということですね。

ただ、他の冤罪事件と違うのは、ブレーキ痕の捏造は明確な目的を持った犯罪行為になることです。県警は必死になって抵抗してくることが予想されます。いよいよ追い込まれたら、犯罪行為を曝かれるより、さっさと証拠を隠滅して疑惑で終わらせる選択をしそうです。

後輪ブレーキ痕も含めて次の記事で整理してみたいと思います。夏休みの宿題ですね。
  • 2010-08-02
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

[C575]

委員長様

すみません 科捜研の個人名を思い切り書いてしまいましたので、前のコメントは削除してくださいね。

HALさま

高知県警科捜研の技官MはK○大学院で物理を専攻したにもかかわらず、後輪ブレーキ痕については以下のように証言しています

M 『急制動した場合には、荷重が前にかかりますので、前輪のスリップ痕がつくということはよくあります』

カタタ「つまり、前輪スリップ痕がありで、後輪スリップ痕が無いということは、珍しいことではないということですね?」

m「そうです」

いじょう私の傍聴メモより。



[C576]

lm737様
前のコメントは削除しておきました。

>重が前にかかりますので、前輪のスリップ痕がつく
>ということはよくあります
科捜研というより「仮想犬」ですね。レベル的に。
  • 2010-08-03
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

[C600]

●鹿児島県の志布志事件同様…まず雲の上で
  雷様やドラキュラ君やオカマが美空ヒバリと談合  した上で組織的な作文を仕上げたと思います。
 これは組織的な詐欺師が描いた“お絵描き”で
す。
   裁判官も重々承知でしょう。…コレを“どう”砕くか?

●今は取り調べ調書の一枚一枚に署名押印?署名
 だけ?の欄がありますか?・・・?
  「高知白バイ事件」当時は、まだ無かったハズ。
  ・・・・・・つまり、後からイクラでも書き換えができ  ます。
      

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

証拠のブレーキ痕は捏造確定!

やはり高知県警はブレーキ痕を捏造していた。バスが動いていた証拠とされる道路上の模様は本当のブレーキ痕じゃないと断言しよう。

●ABSは10km/h以上で作動?
バスの抵抗
高知県警によると、バスは衝突後の急ブレーキで右前輪1.0m、左前輪1.2mの長さの連続的なブレーキ痕が生じた(前輪がフルロックした)とされる。ブレーキ痕が僅かに曲がっているのは、白バイの挟み込みによる引きずり抵抗(A)によって車体にヨーモーメントが生じたためとされている。挟み込まれた白バイはバスのタイヤ回転を妨げていない。
以前の記事に書いたが、路面のブレーキ痕からスクールバスの速度が割り出せる。

証拠のブレーキ痕が自白
・ブレーキ痕の長さから計算すると、スクールバスの速度は13~14km/h
・白バイを引きずったとされる抵抗を考慮すると20km/hぐらい出ていた事になる
 
警察は前輪に「右1.0m・左1.2m」の連続したブレーキ痕が付いたとしている。しかし、実機で検証すると必ずABSが作動して前輪に連続したブレーキ痕が付かない。ブレーキ痕の付き方が大きく食い違うため、バスのABSが作動しないのかも大きな疑問点であった。このABSに焦点を当てて調べてみた結果、ABSが作動する事がはっきりしたのだ。

●ABS作動範囲が判明
ずっとくすぶっていた件だが、今回やっとスクールバスのメーカー(いすゞ自動車)に当該車のABS作動範囲を問い合わせてみた。その結果、当該車のABS は
10km/h以上で作動し、5km/h以下でカットされるという。

これは同社の「エルフやフォワードと同じシステムでありそれと同等」だという。

ABSの作動範囲というものは、乗用車もトラックやバスを問わずどの車でもほぼ同じである。一部の乗用車でブレーキ条件によって「5~7km/h以下でカット」という可変式があったぐらいだ。スピードが上がって10km/h以上でABSが作動可能になり、5km/h以下で作動がカットされるのが共通仕様と思ってよい。今回は念のために問い合わせてみた。ただし、裁判にするなら法的な手続きを取る必要がありそうだ。

制御切り替えポイントが上がりと下りで異なることを「ヒステリシス (Hysteresis) 」という。「ヒステリー」ではない(笑)作動切り替えポイントが1点だと、そのポイント付近でパラメータが上下すると、制御のON/OFFがふらつくことになってシステム制御上好ましくない影響が出るのだ。「ヒステリシス」は、制御の切り替えを安定させるために設けられる。

今回のケースで言うと、車速が10km/h以上になってABSが作動可能になると、車速が5km/h以下に落ちるまでABSは作動し続けることになる。車速が5km/h以下というのは、急ブレーキでは静止する直前になり、ABSがカットされてブレーキ痕が付くのは十数センチ程度にすぎない(これも実機検証で確認済み)。

●ブレーキ痕の長さからABS作動が立証された
車速とブレーキ痕の関係
路面摩擦係数に対するブレーキ痕の長さと車速の関係。μ=0.7でもABSの作動領域に入っていることが分かる。県警が言う「ABSカットによるタイヤロック」では十数cm程度のブレーキ痕しか付かないことも分かる(赤矢印部)。クリックで拡大。
関係がわかりにくいので、ブレーキ痕の長さと車速の関係をグラフ化してみた。

縦軸が速度で横軸がブレーキ痕の長さ。μ=0.7は乾燥舗装路の摩擦係数を示している。ブレーキ痕1.0~1.2mの縦線との交点を横にたどって横に見ると車速が分かる。乾燥舗装路で1.0~1.2mのブレーキ痕が付くときの車速は約13~14km/hとなる。

スリップ痕から車速を計算する (参考サイト)

μ=1.4は通常の2倍の摩擦係数で、普通の状況ではありえない値。これは白バイを引きずった時の抵抗を2倍の摩擦係数とみなしているものだ。引きずり抵抗が大きいと、同じブレーキ痕の長さでも相対的に車速が高くなる。μ=1.4で1.0~1.2mのブレーキ痕が付く場合は約19~20km/hということになる。

いずれにしても、警察が証拠とした「ブレーキ痕」の長さから、バスがABSの作動範囲に入る速度であったことになるのは間違いない。

●ABS作動でブレーキ痕が否定できる
今回のメーカーから得た技術仕様に基づいて検証すると、事故車両のABSが作動する実証試験の結果とも一致する。すなわち事故条件ではABSが作動するため、必ず「途切れたブレーキ痕」になる。しかし、警察が撮影したブレーキ痕のようにフルロックを示す連続的なブレーキ痕にはならない。

つまり、高知県警が主張するようにABSがカットされて1.0~1.2mの連続ブレーキ痕は絶対に付かないと断言できる。もちろんABSが作動しても連続ブレーキ痕は絶対に付かない。

とすると、警察が裁判所に提出した証拠写真は何だったのか?ということになる。
スリップ痕縦

高知県警は「白バイを挟み込んでいないから条件が違う」と実証試験の結果を否定している。しかし、ABSの作動状況については、実証試験を引き合いに出さなくても警察が出した証拠写真からABSが作動していたことが判明したのだ。ABSは車輪速度に応じて制御するシステムのため、白バイの挟み込みは関係ない。むしろ、白バイの挟み込みは、ABSが効く速度域であったことを補強することになる。

●高知県警は墓穴を掘った
高知県警は公判で「フルロックするのはABSが低速で作動停止するため」としてきたがこれが崩された。メーカーから技術資料を入手すれば客観的な証拠になるだろう。

この件に関し、もう1段の突っ込みを入れるべき内容があるようだ。これについて、公表していいのか支援者の方に相談してみようと思っている。

いずれにしても、高知県警が追い込まれてきたことは確かだろう。いよいよ「ヒステリー」を起こすかな(笑)
関連記事
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/94-ba2f6aaa

0件のトラックバック

15件のコメント

[C560]

こんばんわ。

その場しのぎの嘘だったんですね。裁判官ってバカですねえ。バカでも勤まるんですね。…。orz
  • 2010-07-24
  • 鉄馬
  • URL
  • 編集

[C561]

鉄馬様 コメントありがとうございます。

警察はこの件で調書を取っていますが、その内容が問題だらけなんですねぇ。

裁判官なんて技術的に全く分からないので、警察の言い分を鵜呑みにして思考停止する習性(バカということ)があるようです。
  • 2010-07-24
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

[C562]

うむぅ・・ 流石でこざりまする。

 さっそく (3時間ほど前)にTwitterでこの記事を周知させていただきました。

 その呟きをRTしてくれた6名中4名の方が『お初』の方というありがたい反応を頂きました。おかげで、また少し輪が広がったと思います。

 表では救援会との連携?が始まりましたが、どの様な形になるのか? 全く先が読めません。

 ネットはネットでこういう形で情報の共有が大切と思います。可能な限り手持資料の公開にはご協力させてください

  • 2010-07-26
  • lm767
  • URL
  • 編集

[C563]

この証拠も決定的だし、すでに世間に嘘と知られていて、
高知県警の警察官ひとりひとりも何が嘘でなにが真実か
知っているが、サラリーマンとして勤めている以上黙って
いることが我が生活が壊れない方法であると割り切って
います。まあ気持ちはわからないでもないですが。でも
彼らは罪無き県民を実刑にまではしないと思っていた者が
多かったようで、実刑となって驚いたというのがホンネ。
でも自分と家族の生活を棒にふってまで告発する勇気が
ないのも現実・・・・・。
自分達が同罪であることを理解していながらも認めたく
ないし、知らないフリをするのが精一杯なんですよね。
 

[C565]

udon様

 県警もポチのマスコミも誰一人として片岡さんが実刑とはおもってもなかったtでしょう。

 高裁判決直前の高知新聞も、県警関係者の言葉を借りて、『実刑は重過ぎる」と書いてます。

 http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/24935695.html
  • 2010-07-27
  • lm767
  • URL
  • 編集

[C566]

>>562 lm767様
Twitterで紹介ありがとうございます。最近少しお客さんが増えたように思います。とくにfw.kochinews.co.jp (210.158.184.61)のアクセスが目立ちます。最初は選挙報道を批判した記事に反応していましたが、どうやらABS作動領域の記事にも強く反応しているようです。今日(7/29)も4回の足跡が残っていました。

LMさんやudonさんのブログから飛んでくるのは分かりますが、アニメの世界から何度も飛んでくるのに笑ってしまいます。アニメの住人は自分で何かを創造するのではなく、人の書いたことをネタにして妄想しているだけですが、何か新聞記事の参考になると思っているのでしょうか?それともアニメ趣味な記者なんでしょうか(笑)

ともかく、たまにアニメの世界から飛んで来るのはfw.kochinews.co.jpだけという異様さです。せめて普通の人が飛んできて欲しいのですけどねぇ。あそこじゃ無理か。
  • 2010-07-29
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

[C567]

>>563 kochiudon様
>>565 lm767様
まとめて失礼します。
fw.kochinews.co.jpはアクセス分析から大きく動揺している様子が伺えます。ヒステリーですね(笑)

犯罪を知っていて知らんぷりするのは共犯者です。事実が明るみに出れば、県警関係者だけでなく報道関係者も事実を知っていたか追及されるかもしれません。

想像ですが、県警は片岡さんに非を認めさせるために記憶が薄れた頃に捏造証拠を出してきたのでしょう。片岡さんが事実と異なる証拠を突き付けられて非を認めれば執行猶予が付くし、死亡した身内も賠償金を取れるし万事目出度し。というストーリーを描いていたはずです。

初めてや思いつきでやった捏造ではないでしょう。恐らく何度も使ってきた手口のはずです。片岡さんが意義を唱えて騒ぎになり、怪しげな証拠が発覚した事が大誤算でしたけどね。まあ、捏造の事実が明るみに出れば、誰が犯罪者かわかりますよ。
  • 2010-07-29
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

[C568] 「後輪のブレーキ痕」を忘れそうです

こんばんわ。
わかりやすい図なので、多くのひとの理解を助けると思います。

ところで、「後輪のブレーキ痕」の指摘は裁判の中で出て来たでしょうか。(最高裁へ提出した資料の中も)
スイマセン、すっかり記憶が飛んでまして。

何回かの実車実験で後輪の方に長いのがつくのが記録されていることから、上図の「ヒステリシス領域」が前輪と比べて狭く設定しているのかなと考えているんですが、どうでしょうか。

具体的にはABSがOFFになる5km/hが6kmとかに設定されていて、その結果、前輪より「早めに、長めに」ブレーキ痕が付くのかなということを考えてみたんですが。

見当はずれで、まったく違う理由かも知れませんね。その時は笑ってやってください。
それはそれとして、「後輪のブレーキ痕」がややもすると忘れがちになるので、いい機会でしたので取り上げてみました。

[C569]

hal様

下に石川鑑定人の解析講演会の一部を掲載します。

急ブレーキをかけると、
バス前部は沈みこみ、前輪に大きな加重がくわわり、そのためロックしたタイヤが少し回転してしまいブレーキ痕は短くなり、
バス後部は逆に浮き上がる感じになって、後輪には加重はくわわらないので、後輪はしっかりロックされて しっかりブレーキ痕がつくということでしょうか?
↓↓↓
http://www34.atwiki.jp/madmax_2007/pages/525.html
3、(01:49-03:13)通常は後輪が濃い筈の"ブレーキ痕"
で、先程のTVの中で、私が説明してるんですけれども、通常ですね、前輪の痕跡よりかは後輪の方が濃く付くんですね それ、何故そうなるかという事を簡単にお話しをしますと、車に乗ってましてブレーキを掛けますと、前が沈みます これ「ノーズダイブ現象」と言うんですけど、前が沈む現象が起きます これ、必ず起きるんですね 加速すると前が浮上がります で、ブレーキを踏むという事は、車輪の回転が止まる訳ですね 車輪の回転を止める訳です それによって、その車が止まるんですけれども、回転が止まったとしても、前が下がりますから、車輪は下に圧し付けられます、路面に圧し付けられます そうすると、路面との摩擦で、自分は止まっとこうと思っても、回り出す訳ですね 極端に回るんじゃ無くて、回り気味になる 所が後ろの方は、浮き気味ですから、ロックしたまま・・・回転止めたまま、路面を擦るんですね ですから後ろの方が濃くなるんです
※参考・・・「アンチロック・ブレーキ・システム」
  • 2010-07-31
  • (・ω・)
  • URL
  • 編集

[C571]

hal様

裁判の中で後輪ブレーキ痕を指摘したかはちと不明です。LMさんが詳しいのでは?

証拠写真に後輪ブレーキ痕がなかった、というのも検証結果(前輪よりはっきりついた)と食い違いますね。警察の主張どおりABSがカットされると通常ブレーキになり、急ブレーキ時の重心移動によって後輪がロックしやすくなります。
>>569で(・ω・)様が説明されているとおりの現象です。また、以前に後輪スリップ痕の不自然さを指摘しています。
http://r110.blog31.fc2.com/blog-entry-8.html「後輪のスリップ痕が無い不思議」

このバスは、リヤエンジンマウントで後輪軸重が大きく、乗用車より後輪制動力の依存度が高いと思われます。それが何も痕跡が無かったというのは不自然すぎますね。後輪ブレーキ痕が無かったというのは、バスが停止していた証明のようなものです。後輪のスリップ痕についても再審請求に含めるべきだと思います。
  • 2010-08-01
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

[C572] 再審でメーカの証拠・証言を出したい

>後輪のスリップ痕についても再審請求に含めるべきだと思います。

同意です。
急ブレーキを掛けて止まったと認定され、その証拠が写真に写ってるだけの路面の痕跡だとして、有罪が確定したわけです。だれも見ていない痕跡が印画紙にあるというだけで有罪となったわけですね。

で、他の冤罪事件で無罪となった事例を調べると、やはり有罪となった証拠そのものを覆しており、この事件でも同じだと考えています。ブレたり他の証拠を加えたりして、焦点をミスミスぼかすことは回避したいと思います。

警察・検察はネガ開示を頑なに拒否しており、最高裁も逃げてる裁判状況があり、にっちもさっちも行きません。で、これを打開するべく、後輪についてABSがどう働き、どう痕跡が付くかのメーカの証拠・証言を再審で提出すべきだと考えています。

「後輪には前輪より長い痕跡が付く、しかも車速によってその長さが違ってくる」ことをメーカ提出の証拠を元にメーカによる精緻な説明が必須です。

メーカだってABSが付いているのに停止地点から6.5m進んで、そこで急ブレーキを掛けて1.2mもスリップするバスだと決めつけられたんでは、いすゞの技術陣は黙ってはいられないハズです。そんな欠陥車だとしたら危なくて乗ってられず、全数回収してリコールの対象にしなければイケナイですからね。

[C573] ABSは切り込み隊長

>>572 hal様
>有罪となった証拠そのものを覆して
「捏造の疑いがあるからネガを出せ」と言っても出さない(出せない)し、裁判官も容易に認めないでしょう。そこで、ABSのブレーキ痕から捏造の疑いを明確にして、結果的にネガを出さないと敗訴という所まで追い込むのが王道でしょう。

メーカーの技術者なら、ABSの機能からブレーキ痕の謎を解いてくれそうな気がします。技術者によって「どうやっても付かないブレーキ痕である」と客観的に認められれば捏造の疑いが明確になります。そこから写真に写っていたブレーキ痕の検証が始まるということですね。

ただ、他の冤罪事件と違うのは、ブレーキ痕の捏造は明確な目的を持った犯罪行為になることです。県警は必死になって抵抗してくることが予想されます。いよいよ追い込まれたら、犯罪行為を曝かれるより、さっさと証拠を隠滅して疑惑で終わらせる選択をしそうです。

後輪ブレーキ痕も含めて次の記事で整理してみたいと思います。夏休みの宿題ですね。
  • 2010-08-02
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

[C575]

委員長様

すみません 科捜研の個人名を思い切り書いてしまいましたので、前のコメントは削除してくださいね。

HALさま

高知県警科捜研の技官MはK○大学院で物理を専攻したにもかかわらず、後輪ブレーキ痕については以下のように証言しています

M 『急制動した場合には、荷重が前にかかりますので、前輪のスリップ痕がつくということはよくあります』

カタタ「つまり、前輪スリップ痕がありで、後輪スリップ痕が無いということは、珍しいことではないということですね?」

m「そうです」

いじょう私の傍聴メモより。



[C576]

lm737様
前のコメントは削除しておきました。

>重が前にかかりますので、前輪のスリップ痕がつく
>ということはよくあります
科捜研というより「仮想犬」ですね。レベル的に。
  • 2010-08-03
  • 監視委員長
  • URL
  • 編集

[C600]

●鹿児島県の志布志事件同様…まず雲の上で
  雷様やドラキュラ君やオカマが美空ヒバリと談合  した上で組織的な作文を仕上げたと思います。
 これは組織的な詐欺師が描いた“お絵描き”で
す。
   裁判官も重々承知でしょう。…コレを“どう”砕くか?

●今は取り調べ調書の一枚一枚に署名押印?署名
 だけ?の欄がありますか?・・・?
  「高知白バイ事件」当時は、まだ無かったハズ。
  ・・・・・・つまり、後からイクラでも書き換えができ  ます。
      

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

国民が司法を審判しよう

バナーS

プロフィール

監視委員長

Author:監視委員長
職業:元自動車メーカー社員で、バイクや自動車の取り扱いや技術に詳しいらしい
資格:自動車整備士資格があるらしい
趣味:写真を撮るのが得意らしい
特技:若い頃にバイクのレースに出てたらしい

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。