Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/97-6fc294f1

-件のトラックバック

-件のコメント

[C603]

まったくもって同意です。
当方Blogよりリンクさせていただきました。
 

[C604]

 確信犯 → 自分は間違っていないと確信して罪を犯す輩ですね。

 隔離された世界の住人ならです
  • 2010-09-12
  • 信親
  • URL
  • 編集

[C605]

>>603 kochiudon様
リンクありがとうございます。
そちらのブログにコメントを書き込んでおきました。

[C606]

>>604 信親様
責任を追及されないから確信犯になるのでしょう。
確信犯ですから犯罪者として扱ってよろしいのではないかと。

[C643]

テレビ番組、朝ズバでもみのもんたさん及びゲストが検察を斬ってましたよ。JNNのリサーチで「今まで不審に思っていた。26%」「今回の事件で信用出来なくなった。60%」合計86%という数字も出てましたよ。「地に墜ちた検察」ってタイトルが流れてましたよ。たかじんの番組でも斬ってましたよ。ツイッタ-でも警察検察は信用出来なくなったと。

[C644] 不信一瞬信頼十年

>>643 A様
警察と検察の本当にひどい事件ばかりで、世間は呆れて当然でしょう。
「信用を失うのは一瞬、信用を取り戻すのは10年かかる」とは、このことですね。

警察と検察同様、もうひとつ世間の信頼を失った組織があります。マスゴミです。
これも信用できなくなったという方々が増えています。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

冤罪は犯罪よりも犯罪的

郵政不正事件で、村木厚子元局長(高知市出身)に大阪地裁が無罪判決を言い渡した。別に驚きもしないし、当然の無罪判決である。検察が出廷させた証人までもが「調書の内容は検察の筋書きだった」と証言した。また、証拠となる取り調べのメモを破棄するなど、検察の強引でずさんな取り調べの実態が次々に露呈したからだ。

国会議員をターゲットにした事件
公判維持すら難しいのでは?とまで囁かれた裁判だが、地裁で無罪判決を言い渡されるまで突っ走った検察の異様さを感じる。これは、メンツでもなく何かの間違いでもなく、確信犯的な犯行だから引けなかったと見ることができる。

この事件は検察が郵政官僚を狙ったものではなく、民主党の石井一議員の立件を狙った国策捜査の一環だと言われている。検察が描いた筋書きは、石井議員が郵政側に不正を働きかけ、郵政側の局長が不正を受け入れたということだ。議員を狙うために局長を悪人に仕立てる必要があったのだ。

検察としては事実はどうでもいい。石井議員を立件するために、検察が描いた筋書きに沿った「事実」が必要だっただけである。そういう焦りから、強引でずさんな取り調べにつながったのだろう。民主党小沢氏の政治資金問題や鈴木宗男氏の実刑確定も本当に事実か疑わしいものだ。

マスコミの反応はいまひとつ
冤罪事件の発覚が相次ぎ、検察の信頼は失墜したが、どうもマスコミの反応がイマイチだと感じる。少なくとも検察側の誰がどういうデタラメな事をしたのか、誰が責任者でどう責任を取るのか、検察官の実名を報道で知らせるべきではないか?

冤罪事件の発覚は取り調べの可視化を前進させるきっかけにはなるが、それだけでなく悪意がある冤罪は犯罪として処罰するよう法制化が必要という世論を作るべきではないか。K察側に反省の色が見られず、再犯の恐れがあるからだ。

K察からの情報で記事を書くマスゴミは、言わば利害関係者であり、K察の言い分を過度に信用する構造的な問題点がある。事実、本当に中立の視点で記事を書いているのか疑われる新聞社もあるぐらいだ。

借り物言葉でご立派な記事
その新聞社だが、小社会というコラムでこういうごリッパな記事を書いている。
冤罪は犯罪よりも犯罪的

冤罪の疑いが濃厚な高知白バイ事件を単に「白バイ事故」として扱ってきた新聞社だが、無罪判決が出た事件はこういう書き方をする。事情を知っている人は、あまりのタテマエ記事に噴き出してしまうほどだ。

冤罪は取り返しのつかない、新たな悲劇を生む
本当にこう思っていれば、怪しげな証拠が多すぎる高知白バイ事件は変わった扱いになったはずである。タテマエでも立派なことを書くもんだ、とよく見たら、最後に江川紹子さんの言葉を借りてきて締めくくっている。あまりに空虚で安っぽい記事ではないだろうか。

道のりは遠いが、高知白バイ事件の再審で無罪が出されたら拘置新聞社はどう記事を書くのだろうか。その記事を見るためにも、片岡さんを応援し続けたいと思っている。


関連記事
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r110.blog31.fc2.com/tb.php/97-6fc294f1

0件のトラックバック

6件のコメント

[C603]

まったくもって同意です。
当方Blogよりリンクさせていただきました。
 

[C604]

 確信犯 → 自分は間違っていないと確信して罪を犯す輩ですね。

 隔離された世界の住人ならです
  • 2010-09-12
  • 信親
  • URL
  • 編集

[C605]

>>603 kochiudon様
リンクありがとうございます。
そちらのブログにコメントを書き込んでおきました。

[C606]

>>604 信親様
責任を追及されないから確信犯になるのでしょう。
確信犯ですから犯罪者として扱ってよろしいのではないかと。

[C643]

テレビ番組、朝ズバでもみのもんたさん及びゲストが検察を斬ってましたよ。JNNのリサーチで「今まで不審に思っていた。26%」「今回の事件で信用出来なくなった。60%」合計86%という数字も出てましたよ。「地に墜ちた検察」ってタイトルが流れてましたよ。たかじんの番組でも斬ってましたよ。ツイッタ-でも警察検察は信用出来なくなったと。

[C644] 不信一瞬信頼十年

>>643 A様
警察と検察の本当にひどい事件ばかりで、世間は呆れて当然でしょう。
「信用を失うのは一瞬、信用を取り戻すのは10年かかる」とは、このことですね。

警察と検察同様、もうひとつ世間の信頼を失った組織があります。マスゴミです。
これも信用できなくなったという方々が増えています。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

国民が司法を審判しよう

バナーS

プロフィール

監視委員長

Author:監視委員長
職業:元自動車メーカー社員で、バイクや自動車の取り扱いや技術に詳しいらしい
資格:自動車整備士資格があるらしい
趣味:写真を撮るのが得意らしい
特技:若い頃にバイクのレースに出てたらしい

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。