Entries

スポンサーサイト

いかがわしい証人と欠陥報道

日本マスゴミによるプリウス叩きは、潮が引くように収束したようです。あの怒濤のようなメディアスクラムは何だったのか?と思わざるをえません。ところが、日本が一段落したら今度は米国のトヨタバッシングの報道がヒートアップしていました。この騒動、日米のマスゴミの過熱ぶりに呆れると同時に、日本の製造業もいよいよ末期症状なのかと思わざるをえません。●米国の厳しい批判は扇情的すぎる事実が分かる前に、こういう感情的...

プリウスのリコールを巡る過熱報道

最近、ブログのアクセスが一時的に増えていました。どうやら、プリウスのリコール(メーカーによる無償修理)騒ぎで「ABS」というキーワードで探しに来られた方が多かったようです。監視委員長はトヨタとは一切関係がないのですが、どうもプリウスのリコール報道は異様に感じます。●トヨタの大規模リコールネット配信記事を見たら、各社とも横並びでトヨタ叩きの記事ばかり。ちょっと前は朝青龍引退の件ばかり、ここ2~3日どのチャ...

混ぜるな危険─国家権力と報道メディア

高知新聞夕刊のコラム「話題」は、記者個人の感想を書くのでしょうか?いつもは、どうでもいいことばかりですが、時々「おやおや」と思う事が書かれています。10年02月05日の記事もその一つです。新政権をバッシングする理由「答えはシンプル。『政権だから』」には思いっきりひっくり返りました。●新聞メディアの非論理性にあ然紙メディアなのに電波出しまくり。高知新聞2月5日夕刊コラム記事このコラム記事、政権が変わっても政...

リーク元が「顔を貸せ」と因縁

国民の間で「警察は暴力団と同じ」と言われて久しいのですが、検察も暴力団なみに因縁を付けているようです。しかも、検察の言うなりに報道せず、検察の不当な取り調べを叩いたマスコミに対して圧力をかけるとはとんでもない連中です。●検察官を実名報道したマスコミに検察が圧力?いやはや.......この国はどうなっているのか?事実を報道した週間朝日に対し、検察が「顔を貸せ」と因縁をつけてたようです。→小沢事件で、東京地検...

官僚は国民をなめたらいかんぜよ─郵便不正事件

検察の強引な取り調べが問題になっているようです。捜査機関に調べられると、やってもない事を自供するのは、過酷な取り調べで精神的に追い込んでいるからです。戦前まで拷問による取り調べが日本のスタンダードでした。戦後GHQによって「解放」されましたが、身体的拷問から精神的拷問に変わっただけなのです。21世紀になって、こういう拷問を許してよいはずがありません。●日本初の弁護士による強制起訴兵庫県明石市で01年7月に1...

予想どおりの不起訴─小沢幹事長

さて、最近は検察の周りがざわついているようです。もちろん、民主党小沢幹事長がらみの事件で忙しかったと思います。でも、それだけではなく、検察の「おやおや..」と思わせるトンチンカンで面白い動きもてんこ盛りです。当分は、検察から目が離せません。白バイ事件がらみの動画を編集中ですが、少し手が止まりそうです。●小沢幹事長不起訴の波紋やっぱりというか、検察が不起訴の方向らしいですね。取り調べの証拠ぐらいでは、...

誤報を繰り返す無反省なマスゴミ

やっぱり高知新聞は誤報を刷っていました。検察がリークした虚偽情報が高知新聞25日夕刊一面にデカデカと印刷されていたのです。翌日朝刊に訂正記事が小さく載っていましたが、一面トップ記事のインパクトが強すぎ、訂正に気付く人は少ないでしょうね。検察とマスゴミが連携し、裁判が開かれる前にもかかわらず、被疑者が犯罪を犯したかのような印象操作が目に付きます。たとえば、高知新聞の記事を見ると、記入ミスかどうか判明し...

検察リークとマスゴミの誤報

最近のニュースは民主党小沢幹事長の政治資金疑惑ばかりです。検察とマスコミ、この2つの機関のあり方は本当に正しいのでしょうか?どうも連携プレーで国民の目を欺いているのように見えます。●異常な検察の捜査情報のリーク去年3月の西松建設事件と今回の小沢幹事長政治資金問題が連日報道されていますが、これらの事件は非常に違和感を覚えています。通帳の「住」目印など、検察の取り調べでないと分からない捜査情報ばかりが次...

Appendix

国民が司法を審判しよう

バナーS

プロフィール

監視委員長

Author:監視委員長
職業:元自動車メーカー社員で、バイクや自動車の取り扱いや技術に詳しいらしい
資格:自動車整備士資格があるらしい
趣味:写真を撮るのが得意らしい
特技:若い頃にバイクのレースに出てたらしい

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。